編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ

「Vista SP1」対「XP SP2」ふたたび--Windowsベンチマーク対決第2弾 - (page 5)

文:Adrian Kingsley-Hughes(CNET News.com) 翻訳校正:矢倉美登里、中村智恵子、藤原聡美、緒方亮、長谷睦

2008-02-27 20:30

結論

 私が予想していたよりもはるかに複雑だが、興味深いテスト結果になった。テスト結果をまとめてみよう。

  • PassMark PerformanceTest 6.1を使ったテストでは、XP SP2は常にVista SP1よりもスコアが高い。
  • ファイルコピー処理中も、常にXP SP2がVista SP1よりもスコアが高い。
  • PassMark PerformanceTestのテストを部分的に(ディスク関係のテストを除外して)行うと、コピー処理による負荷の有無にかかわらず、XP SP2は常にVista SP1よりもスコアが高い。
  • しかし、PassMark PerformanceTestのテストを部分的に実施した場合に、ファイルコピーの負荷がスコアに与える影響に注目すると、XP SP2よりもVista SP1のほうが、ファイルコピーが総合スコアに及ぼすマイナスの影響が少ない。

 この長くなったテストからわかるのは、重たいファイルコピーの場合、XP SP2よりもVista SP1のほうが全体的なレスポンスへの影響が小さいということだ(ただしこれには、他のすべての条件を同じにしたテスト用のシステムなら、という条件がつく)。

 今回、および前回掲載したベンチマークテストは、OSのベンチマーク対決がいかにもどかしい気分を残すか、ということを如実に示した。取り上げるシステムが1つであっても、戦わせるべき要素は無数にあるのだ。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]