MSKK新社長、樋口氏の足跡をたどる - 4/6

大河原克行

2008-02-28 14:14

 マイクロソフトの新社長に、同社代表執行役兼COOの樋口泰行氏が就任することが明らかになった。これまでの経歴を写真を交えながら振り返ってみたい。
 樋口泰行氏は1957年生まれ。兵庫県出身。1980年に大阪大学工学部電子工学科卒業後、同年、松下電器産業に入社。1991年にはハーバード大学経営大学院(MBA)を卒業。1992年にはボストンコンサルティンググループに入社した。1994年、アップルコンピュータに入社し、コンシューマ事業を担当。1997年にはコンパックコンピュータに入社し、2002年の日本ヒューレット・パッカードとの合併にともない、日本ヒューレット・パッカードの執行役員インダストリースタンダードサーバ統括本部長としてサーバー事業を推進。2003年には代表取締役社長に就任したものの、2005年、ダイエー代表取締役社長に転身、同社再建を推進した。だが再建半ばの2006年に社長を退任している。
 2006年12月31日付けでダイエー顧問を退任し、2007年にはマイクロソフト代表執行役兼COOとしてIT業界に復帰した。COO就任時点で、現マイクロソフト社長のDarren Huston氏が掲げた中期経営計画「PLAN-J」が終了する2008年7月には、樋口氏が社長に就任するとの見方が業界内では公然の事実となっていた。
 マイクロソフトにおける50歳での社長就任は、これまでの歴代社長と比べても、少なくとも10歳以上の開きがある。日本HPおよびダイエー時代の若き経営者としての立場から、わずか5年で、今度は最高齢としての社長就任となる。
 2007年7月の事業方針説明会では、Darren Huston社長がデジタルライフスタイルを担当、樋口氏はデジルワークスタイルを担当すると発表した。
 「日本はデジタルワークスタイルに関して、他国と比較して3〜5年遅れている。企業における個人の生産性向上が、企業全体の経営の向上に繋がるPeople Readyビジネスを訴求していくことが必要」などと語った。また、「マイクロソフトの顔が見えない、と言われることを払拭したい」と、精力的に顧客の前に顔を出しているのも樋口氏のスタイル。

 2007年7月の事業方針説明会では、Darren Huston社長がデジタルライフスタイルを担当、樋口氏はデジルワークスタイルを担当すると発表した。

 「日本はデジタルワークスタイルに関して、他国と比較して3〜5年遅れている。企業における個人の生産性向上が、企業全体の経営の向上に繋がるPeople Readyビジネスを訴求していくことが必要」などと語った。また、「マイクロソフトの顔が見えない、と言われることを払拭したい」と、精力的に顧客の前に顔を出しているのも樋口氏のスタイル。

写真提供:大河原克行

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 運用管理

    AWS、GCP、Azureを中心としたクラウドネイティブ環境における5つのセキュリティ強化策

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]