セカンドライフでコミュニケーションを豊かにするジャスチャー!(ZDNet Japanブログより)

大槻透世二(サイバーアドベンチャー株式会社)

2008-02-29 19:27

 さて、新たなコーナー「モーション」の始まりだ。 今回からよりブログ形式になってより見やすくなった。
※以前の「Second Life新世界的ものづくりのススメ 」 その1〜37は下記URにて楽しめます。 こちらもどうぞご覧ください! http://japan.zdnet.com/sp/feature/07sp0040/

 それではさっそく始めよう。
「モーション」とは動きの総称で、このセカンドライの中では、他のアバターとの「ジェスチャー」と「アニメーション」から構成される。

 1.コミュニケーションの方法
通常他のアバターとのコミュニケーションは「チャット」で行う。 近くに人がいれば画面左下のマル1のチャットボタンを押して、マル2のチャットボックスに「こんにちは」と入力後ENTER!と押せば、下図のように会話できる。このチャットは通常半径20mにいるアバター全員に対して聞こえる。 この方法は、コミュニケーションでは「バーバルコミュニケーション(言語コミュニケーション)」と言われており、実はこの言語コミュニケーション方法は “話し手の印象”の7%しか伝わらないことが心理学者によって確かめられており、残り93%の部分がノンバーバルコミュニケーション(身体コミュニケーション)で伝わると言われています。

 現在のセカンドライフではまだアバターの表情やしぐさ、などのノンバーバルコミュニケーションは発達途中だが、それでも単なるチャットだけ、よりも、アバターのジェスチャーなどの身体な表現がコミュニケーションを豊かにすることは間違いない。 それでは、こういった、単なるテキストチャットよりもさらに進んだコミュニケーションを学んでいこう。

全文はこちら--「Second Life新世界的ものづくりのススメ」

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]