編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

進化するテレビ会議(4)--ポリコム:会議の質を変えるHD対応からテレプレゼンスへ - (page 4)

田中好伸(編集部)

2008-02-29 12:00

 RPX HDは、HDX 9004を応用したものだが、注目すべきなのは、会議の相手がモニターという枠の中にいるのではなく、フェイス・トゥ・フェイスの会議と同じように対面しているという感覚を味わうことができることだ。

 通常のビデオ会議システムではカメラやマイクの位置を気になってしまいがちだが、RPX HDシリーズであれば、そうしたものを一切気にすることなく、相手と自然に目線を合わすことができる。向こう側の左にいる参加者の声は左から、右にいる参加者の声は右から、というように、音声も不自然さを感じることがない。

 こうしたことができるのは、壁一杯が画面となっており、その中央部分に超小型CCDカメラが仕掛けられているからだ。また、無指向性マイクが天井から吊されることで、その存在を忘れさせれてくれる。スピーカーも画面の背後に設置されることで、相手側の話者の位置を音で感じられるようになっている。

 ここに来て分かるように、RPX HDシリーズの場合、部屋に何らかの機材を置いて会議をするという代物ではなく、会議室全体をRPX HDシリーズに合わせて構築するというビデオ会議システムになっている。どの部分をとっても、参加者が遠隔地の相手を、同じ会議室にいると感じられるように最適化することが目的だからだ。そのライティングにしても、会議室の各席に最適なライティングを施して、長時間の会議でも目の疲労が少なくなるようにされているといった具合である。

 それだけに、そのコストは決して安価にというわけにはいかない。一番下のモデルの導入費だけでおよそ3000万円台。運用保守に年間300万円、これとは別に専用のサービス費用もかかることになる。また、その導入期間も、導入する会議室の環境調査から始まり、設計・資材調達、設置・調整などで4〜6カ月かかるという。

 RPX HDシリーズは2007年3月から提供が始まっているが、「世界に名だたるような大企業や教育機関から、引き合いが来ている」(青木氏)という。

(下のビデオは、ポリコムジャパンによるRPX HDの説明。説明者はRPX HDを実際に使っている)


ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]