システムエグゼ、DB開発時の疑似データ自動作成&レポート発行ツール「DB Secure Utility」発売

CNET Japan Staff 2008年02月29日 21時30分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 システムエグゼは2月29日、データベース開発において、個人情報漏えいを防止しながら、本番データ使用時と同等の高精度なテストおよび検証を可能にするソフトウェア「DB Secure Utility(DBセキュア・ユーティリティ)」を発表した。Oracle対応版が同日より販売開始されている。

 「DB Secure Utility」は、「自動解析機能」と「疑似データ変換機能」により、本番データからテスト・検証用の擬似データを安全に自動的に作成するユーティリティ。擬似データ変換機能は、従来の単純なマスキング変換と異なり、自動解析機能により元データの文字列の意味を解釈して、個人情報と判断されるテーブルの氏名、住所、電話番号などの情報を類似した内容の文字列に変換する。これにより、情報漏えいリスクを回避しつつ、本番データを使用したテスト・検証と同等の成果を得ることができる。また、データは自動的に生成されるため、テスト用データ作成の負荷が軽減される。

 開発工程でより精度の高いテストを実施できるほか、システム稼動開始後の問題発生時にも、容易に再現対応できるため、迅速な問題解決につながるという。

 DB Secure Utility、Oracle/Windows 2003 Server対応版の価格は、1サーバ当たりのライセンス販売価格が480万円(税別)。レンタル価格が、1年間当たり200万円(税別)。出荷は2008年3月5日を予定しており、同社のソリューション販売子会社であるエグゼソリューションズを通じて販売される。

 システムエグゼでは、Oracle対応版「DB Secure Utility」に続いて、DB2およびMicrosoft SQL Server対応版も開発予定としている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算