マイクロソフトとVisto、モバイル電子メールをめぐる特許権論争で和解

文:Mike Ricciuti(CNET News.com)
翻訳校正:ラテックス・インターナショナル

2008-03-04 13:13

 Microsoftとモバイル電子メールサービスを提供するVistoは米国時間3月3日、長期間にわたる特許権論争で和解したと発表した。

 両社は和解の詳細については公表しなかった。VistoはMicrosoftが同社のモバイル電子メールの特許権を侵害していると訴えていた。Vistoはプレスリリースで、Microsoftと「現金および現金以外による対価支払い」に関するライセンス供与の契約を締結したと発表した。

 この訴訟は10日に法廷で審理される予定だった。

 Vistoは2006年にはSeven Networksを相手取って訴えた特許権侵害訴訟で勝利し、最終的に約770万ドルの損害賠償を勝ち取った。

 現在、Vistoが「BlackBerry」の製造元であるResearch in Motion(RIM)を相手に訴えを起こした特許権訴訟がまだ係争中である。VistoはRIMが同社の4件の特許権を侵害したと申し立てている。この訴訟は7月に裁判にかけられる予定である。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 運用管理

    AWS、GCP、Azureを中心としたクラウドネイティブ環境における5つのセキュリティ強化策

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]