シマンテック、「ノートン 360」の最新版を発表--ブラウザプロテクション機能などを追加

吉澤亨史

2008-03-06 18:30

 シマンテックは3月6日、オールインワン型のセキュリティソリューションの最新バージョン「ノートン 360 バージョン 2.0」を発表した。最新バージョンでは、同社が特許申請中のブラウザ保護技術が搭載され、ドライブバイダウンロードなど「インターネット・エクスプローラー」の脆弱性を悪用する新種または未知の脅威からユーザーを保護する。

 また、個々のファイルやフォルダを右クリックで指定することでマニュアルスキャンを実行したり、タスク終了後にコンピュータをシャットダウンさせる設定を行えるようになった。さらに、フィッシング対策とウェブ認証機能が「Firefox」にも対応した。インターネットブラウザのクリーンアップ機能も利用可能。ツールバーも強化され、サイズ変更や非表示に対応した。

 バックアップにおいても、Windowsエクスプローラーとの緊密な連携が可能となり、ユーザーはWindows エクスプローラー上からバックアップ状況を把握できる。バックアップ済みの項目とそうでない項目は、アイコンで簡単に見分けることができ、ファイルの右クリックでファイルをバックアップリストに追加できるようになっている。

 ノートン360 バージョン 2.0標準版は同社のオンラインストア「シマンテックストア」において同日より発売され、3月28日からは全国の店頭でも販売される。製品には1年間の無償更新サービスが付属し、最大3台のパソコンにインストールできる。また、2GBのオンラインストレージも付属している。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]