編集部からのお知らせ
「サイバー防衛」動向の記事まとめ
「半導体動向」記事まとめ

AOL Instant Messenger、「iPhone」用チャットアプリケーションに選ばれる

文:Elinor Mills(CNET News.com) 翻訳校正:編集部

2008-03-07 12:55

 AOLの「AOL Instant Messenger(AIM)」が、「iPhone」初の公式なネイティブウェブチャットアプリケーションとなった。

 カリフォルニア州クパチーノにあるApple本社で米国時間3月6日にiPhone用ソフトウェア開発キット(SDK)が発表された際、iPhoneに搭載されたAIMのデモも行われた。

 Appleはこのイベントの場で、iPhone用SDKを使用してテスト版を作成するアプリケーションにAOLのAIMを選んだと述べ、作成期間は2週間だったことを明かした。iPhoneで実際にユーザーが利用できるようになる時期については明らかにされていない。

 iPhone用AIMは、画面を指でなでるだけで簡単に複数のインスタントメッセンジャーの会話を切り換えることのできる「Buddy List」を備えている。さらに、iPhoneに保存された写真を友人のアイコンとして使用することができるオプションも提供する。

 AIMが最大のシェアを誇るインスタントメッセンジャーソフトであることを考えれば、AppleがYahooやMicrosoft、GoogleではなくAOLを選んだことは驚くに値しない。しかし、iPhone用アプリケーションにおけるもう1つの提携相手であるGoogleからすれば、冷遇された気分だろう。

 一方で、AIMは「Google Talk」と相互接続しているため、Gmailと同様iPhone上のGoogleコンタクトにアクセスすることが可能なはずだ。

 Nielsen Onlineによると、インスタントメッセンジャー市場におけるAIMのシェアは約50%、「MSN/Windows Live Messenger」は約33%、「Yahoo Messenger」は約30%、Google Talkは約2.5%。これらの値は、各インスタントメッセンジャーアプリケーションの全ユニークオーディエンスに占めるオーディエンスの比率を推計したものである。これらのシェアの合計が100%を超えているのはそのためである。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]