編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

HDE、最新のLinuxをはじめ44種類のOSに対応したサーバー監視ソフト

WebBCN (BCN)

2008-03-11 11:16

 HDE(小椋一宏社長)は、複数のサーバーを集中管理するサーバー監視ソフトの最新版「HDE Center 4.5」を3月26日に発売する。価格は、基本パック3ノードが40万3200円、追加の1ノードライセンスが12万7680円。

 ウェブブラウザを活用し、ネットワーク経由で複数のサーバーを監視するソフト。シンプルでわかりやすいインターフェイスが特徴で、サーバーの監視・管理技術が少ない人でも容易に操作できるという。httpベースの通信方式を採用しており、インターネット経由で監視が可能。

 監視対象サーバーにエージェントソフトをインストールするため、障害検知をはじめ、事前に指定した任意のスクリプトをエージェントで自動的に実行することができる。障害発生時にサービスの再起動などを実行することで、障害からの自動復旧もできる。

 最新版では、レポート作成機能を強化。サーバーステータスレポートについて、これまでの年・月だけでなく、週でも生成可能にした。「Red Hat Enterprise Linux 5 Server」と「CentOS 5.x」といった最新のOSにも対応。対応OSとディストリビューションは44種類に広げた。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]