編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

Windows Mobileを保護するSymantec Mobile Security Suite 5.1

冨田秀継(編集部)

2008-03-12 17:33

 シマンテックは3月12日、Windows Mobileを搭載したスマートフォンを保護する「Symantec Mobile Security Suite 5.1 for Windows Mobile」を発表した。ウイルス対策、ファイアウォール機能、紛失対策機能、電話機能の制御などが提供される。また、別製品として企業ネットワークにVPN接続するための「Symantec Mobile VPN 5.1」もあわせて発表している。いずれの製品も3月14日より出荷を開始する予定。

 Mobile Security Suite 5.1では、Symantec System Centerプラグインを利用することで、管理者が各種機能・ポリシーを一括して管理・設定・カスタマイズすることが可能。また、インテリシンクのMobile Device Managementソリューションを管理ツールとして利用することもできる。

山中幸代氏 山中幸代氏

 同日、あわせて発表された別売のMobile VPN 5.1と組み合わせることで、IPSec VPNトンネルを経由して企業ネットワークに接続することも可能。VPNゲートウェイにはシスコシステムズ、ジュニパーネットワークス、ノーテルネットワークスの製品に対応する。シマンテック ソリューション&プロダクトマーケティング部 セキュリティグループ プロダクトマーケティングマネージャの山中幸代氏は、「(これら3社の)市販製品に対応することで、既存の製品をそのまま活用してVPN接続ができる」という利便性を強調した。対応する製品は、「今後順次追加していきたい」(山中氏)考えだ。

 また、両製品を組み合わせることで、Network Access Control機能も提供される。この機能では、VPN接続時にスマートフォンの各種セキュリティ機能のインストール、稼働、設定、バージョン、アップデートといった状況を確認、ポリシーが適切に設定されているデバイスのみ通信を可能にする。

 Mobile Security Suite 5.1単体での機能としては、ウイルス対策、ファイアウォール機能のほか、紛失対策として暗号化機能が提供される。これはモバイルデバイス内にAES-256 FIPS 140-2でデフォルト、もしくは指定フォルダを暗号化する機能。ログインパスワードによって暗号化を解除し、暗号化されたフォルダへアクセスする仕組み。また、メモリーカードにもセキュアフォルダを作成することが可能だ。

 そのほか、システムファイルやレジストリキーが改ざんされ、スマートフォンが不適切な設定になることを防ぐ不正防止機能、Bluetoothやカメラ、PCとの同期を管理者が制限できる電話機能制御などが提供される。

 Mobile Security Suite 5.1 for Windows MobileおよびMobile VPN 5.1のサポートOSは、Windows Mobile 6 Standard、同Professional、同Classic、Windows Mobile 5.0 Pocket PCとなっている。

Symantec Mobile Security Suite 5.1 for Windows MobileおよびMobile VPN 5.1の価格 Symantec Mobile Security Suite 5.1 for Windows MobileおよびMobile VPN 5.1の価格

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]