心臓をハッキングされる日

文:Nathan McFeters(Special to ZDNet) 翻訳校正:石橋啓一郎 2008年03月14日 15時34分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米国時間3月13日、私は有名なセキュリティ研究者であり暗号学専門家のBruce Schneier氏のブログに目を通し、医療機器のハッキングに関する記事を見つけた。私は、驚くべきではなかったのだが、思わず驚いてしまったことを認めざるを得ない。今日では、作ることができるものは壊すこともできる、というのがテーマであるようだ。

 Schneier氏はNew York Timesの記事を引いている。この記事は、Beth Israel Deaconess Medical Center、Harvard Medical School、the University of Mssachusetts Amherst校、the University of Washingtonの研究者が合同で行った研究について論じている。

 この脅威は概して理論上のものに見える。だが、あるコンピューターセキュリティ研究者のチームは、3月13日、ある除細動器とペースメーカーの組み合わせへの無線アクセスを獲得することができたと報告する予定だ。

 この機器は、再プログラムをしてシャットダウンさせたり、もし人間の体に埋め込まれていれば、致命的になりうる電気衝撃を与えることができたという。今回のケースでは、研究者たちはこのデバイスを研究室内でハッキングした。

 つまり基本的に、潜在的な攻撃としてこのデバイスを殺人の手段に使うことが可能のようなのだ。同時に、このデバイスはユーザーの秘密情報を暗号化せずに送信しており、このデータを盗むこともできることについても触れられている。

 もちろん、デバイスの近くでなくてはならないなどいくつかの条件もあるが、分別のある人物であれば、これらの条件はバイパスできると考えるだろう。これらの機器の製造に関わった企業や医学界は全体として、セキュリティに関して考えることを後回しにしてはならないことを認識して欲しい。

 私は、これらの問題が修正されるまでペースメーカーを埋め込むのを避けるべきだと提案している人がいるとは思わない。しかし、この研究は医療機器やシステム、設備のセキュリティの評価についてより多くの時間を割く必要があるということを強く示唆している。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算