編集部からのお知らせ
新着PDF集:データセンターの省電力化
「これからの企業IT」の記事はこちら

アドビ、「Photoshop Lightroom 1.4」をサイトから削除--不具合の発見を受け

文:Ina Fried(CNET News.com)
翻訳校正:ラテックス・インターナショナル

2008-03-18 11:48

 Adobeは、「Photoshop Lightroom」の新バージョンに少なくとも3つのエラーを引き起こす可能性があることが判明したため、このバージョンをウェブサイトから削除した。

 Adobeはウェブサイトに掲載した文書で、ユーザーはバージョン1.4に移行するべきではなく、移行したユーザーは旧バージョンに戻すように推奨すると述べている。

 「次の更新プログラムが用意できるまでLightroom 1.4をインストールしたユーザーは、バージョン1.4をアンインストールしてLightroom 1.3.1をインストールして欲しい」とAdobeでは述べている。エラーにはタイムスタンプの不具合とファイルをDNGフォーマットに変換する方法のエラーが含まれる。もう1つのエラーは、オリンパスのJPEGファイルを他のフォーマットに変換する際に影響を与えるものである。

 3つの不具合のうち2つは、Windows版とMac版の両方のLightroomに影響を与えるが、1つの不具合はWindows版でのみ発生する。バージョン1.4のWindows版とMac版はいずれもAdobeのサイトから削除されている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]