編集部からのお知らせ
ダウンロード公開中「ITが取り組むべきプライバシー」
最新記事まとめ「医療IT」

アップル、セキュリティアップデートを公開--Safari 3.1でも脆弱性に対処

文:Robert Vamosi(CNET News.com) 翻訳校正:編集部

2008-03-19 10:12

 Appleは米国時間3月18日、2008年に入って2回目のセキュリティアップデートであるAPPLE-SA-2008-03-18 Security Update 2008-002を公開した。主なアップデートとしては、Apache、ClamAV、Emacs、OpenSSH、PHP、X11などの修正が含まれている。Security Update 2008-002は、System PreferencesのSoftware Update、または、Appleのウェブサイトにある Software Downloadsページから入手できる。

 また、Appleは18日、「Safari 3.1」をMac OS XおよびWindows向けにリリースした。Safari 3.1では、新機能の追加とともに、Safariブラウザ、WebCore、およびWebKitのセキュリティアップデート13件が含まれている。脆弱性の大部分はクロスサイトスクリプティングの問題に関連する。クロスサイトスクリプティング攻撃は、特別に用意されたURLに追加されたスクリプトタグを使って、悪意あるコードを被害者のコンピュータに紛れ込ませる。「Security Update APPLE-SA-2008-03-18」は、AppleのウェブサイトにあるSoftware Downloadsページから、または、Safari 3.1をダウンロードすることで入手できる。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]