セールスフォースCEO、ソフトウェアサービスの未来を語る(後編)

文:Charles Cooper(CNET News.com) 翻訳校正:大熊あつ子、矢倉美登里、佐藤卓、福岡洋一

2008-03-24 08:30

--アプリケーションサービスプロバイダ(ASP)モデルは、90年代には人気がありましたが、資金が枯渇して景気が後退すると苦しむことになりました。現在起こっていることと共通点があると思われませんか。

Benioff:あれはコードのせいだったと思います。当時彼らは、他人のコードを再利用して、ユーザーのデータセンターを自分たちのデータセンターに移そうとしましたが、コードは古いままでした。

 今では、誰もが家に帰ればインターネットで実に素晴らしい体験をすることができます。人々はすでに、こうした素晴らしいアプリケーションを使ってWeb 2.0を利用し、ブログを楽しんだり友人とコラボレーションしたりしています。ところが、いざ仕事となると、それと同じくらいの品質のアプリケーションがないのです。

 この10年ないし20年のアプリケーションのことですが、あれではフラストレーションが溜まると思います。業界はインターネットの夢を本当に実現してきましたが、企業のCIOレベルで話をするなら、CIOは企業の中と外の体験を一致させるのに苦労している状況なのです。

--あなたは、サービスとしてのソフトウェア(SaaS)からサービスとしてのプラットフォーム(PaaS)へと移行してきています。企業をこの新しいモデルに完全に転換させるという観点から、ウェブを自分たちのPaaSに取り込むことを、どのように進めていこうとお考えですか。この新しいモデルは、自分たちのところへきてくれれば、何もかもやってあげましょうということですね?

Benioff:Salesforce.comが実際にソフトウェアサービスの動きを起こしたと言えるくらいになるまで、だいたい10年かかりました。私たちは、2009年3月8日で創立10年になります。人は1年でできるようになることを過大評価し、10年かかってできるようになることを過小評価するものです。(AppleのCEOである)Steve Jobs氏であれば別でしょうが。

 PaaSが実現するにも10年かかると思います。なぜなら、独立系ソフトウェアベンダー(ISV)やテクノロジも、すべて再構築しなければならないからです。エコシステムや実装などもです。

 そして私たちは、SaaSを展開する唯一の企業になりたいと考えていないのとまったく同様に、PaaSを展開する唯一の企業になりたいなどとはまったく思っていません。私たちは、これも業界の未来だということをはっきり示せるようになりたいのです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 運用管理

    AWS、GCP、Azureを中心としたクラウドネイティブ環境における5つのセキュリティ強化策

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]