Windows 7がバラバラで登場するかもしれない理由

文:Mary Jo Foley(Special to ZDNet.com) 翻訳校正:菊地千枝子 2008年03月24日 10時26分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftが沈黙を守り続けているWindowsの次世代バージョン「Windows 7」が、バラバラに提供されるかもしれないことを示す兆候が増えている。

 この「バラバラに」には、2つの異なる意味がある:

1. Windows Serverスタイルの、役割ベースで提供される。

 Windows Server 2008では、ユーザーが何をインストールし、何を無視したいかを選択できるようにしている。これは事前に決定された少数の「役割」に基づいている。「Windows Server Core」は最小限の構成である。Windowsのクライアントとサーバが同じコードベースから構築されていることを踏まえると、クライアントの次期バージョンもまた、どちらかというと役割ベースのシステムに移行すると考えるほうが筋が通っているのではないか?MicrosoftはすでにOEMが「OEM Preinstallation Kit(OPK)」を利用してコンポーネントを取捨選択することができるようにしている。それなら顧客に同じことをさせても良いのではなかろうか?

 ユーザーが選択可能な役割ベースのWindowsクライアントにより、Microsoftのマーケティング担当者たちは、「Windows Vista」で法的な窮地に陥れられたような類のSKU選択の必要がなくなるかもしれない。「Windows 7対応(capable)」を構成するのは何かを決定するのはMicrosoftではない。むしろユーザーが自分のシステムにWindows 7をどの程度取り入れたいのか、あるいは切り捨てたいのかを選択するのである。

2. 相補的な「Software+Services」要素に分割される。

 ここでもまたMicrosoftはある程度、同社が何を計画しているのかについて伏線を張っている。Windows Vistaについては、MicrosoftはVistaのコンポーネント(例:Window Photo Gallery)を「Windows Live」サービス(Windows Live Photo Gallery)を経由してアップデートするかもしれないことを示している。Microsoftに近い情報筋は最近、「Windows 7から主要な部分が取り除かれる(メール、写真、動画)」が、引き続きユーザーにより選択可能なサービスとして提供されると筆者に伝えていた。この計画がもし実現すれば、Windowsに対する攻撃が緩和されるはずである。これはMicrosoftがWindowsに何もかもバンドルすることに対して批判的な同社の数多くの競争業者や独占禁止法関連規制機関のターゲットとなっていたためだ。

 はっきりさせておくが:Microsoftは以上の説のいずれも認めていない。そして疑い深い向きは、特定のテスターに提供された最初のWindows 7の初期テストビルドからは、Windows 7をバラバラな部品の集まりに転じることがMicrosoftの戦略であるなどという兆候はみられないと主張するだろう。

 (米司法省に関係する技術委員会(Technical Committee)が口を閉ざしているのは残念だ。技術委員会は最近、法的な懸念となりそうな領域をまず捜査するために、Windows 7の初期ビルドの配達を受けたところである。)

 しかしまた、Windows 7のコンポーネント化という筆者のコンセプトは唐突に思いついたわけではないと注記するのも大切だろう。Microsoftは10年前から、Windowsのもつれを解き、Windowsの多様なサブシステムの相互の依存性を緩和するように取り組んできた。これによりWindowsチームは、Windowsのテストや修正、アップデートがあまり複雑にならないようにしようと努めてきたのだ。

 そして最後に聞いた話では、MicrosoftがWindowsカーネルの必要最低限のものだけを装備したバージョンである「MinWin」を作成し遂げたこと、そしてこれを同社がWindows 7およびその後継版の核心とする計画であるということを、われわれは知っている。MicrosoftがMinWinをベースとして、ユーザーが選んだサービスやサブシステムをそこに「組み戻す」ことができるようにするというのは実行可能に思える。

 読者はMicrosoftが2010年に出荷予定のWindows 7を、ユーザーが選択可能な役割ベースという形式、あるいは統合されていた機能を一部分離させ、それをオプショナルなアドオンサービスとすることで、バラバラで提供することには賛成するか?

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
ハードから読み解くITトレンド放談
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
Gartner Symposium
企業決算
ソフトウェア開発パラダイムの進化
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化