編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

フォトレポート:絵でみる「Ubuntu 8.04」ベータ - 3/12

文:Adrian Kingsley-Hughes 翻訳校正:石橋啓一郎

2008-03-26 15:02

 Ubuntu 8.04 "Hardy Heron"は、ちょうど開発のベータ段階に入ったところだ。そしてそれは、650Mバイト強のダウンロード、このお気に入りのLinuxディストリビューションを試してみる心地いい時間を意味する。私がHardy Heronというコードネームを持つUbuntu 8.04を初めて目にしたのは2月であり、まだアルファ4のときだった。このリリースは動作はしたが、まだ不完全で、ところどころ仕上がっていない部分があった。それに比べれば、今回のベータリリースはより磨きがかかっており、洗練されている。今後手を入れる必要のある既知のバグがまだいくつか残っているが、全体としてはこの「Hardy Heron」はゴールラインに近づいている。
  Windowsユーザーを転向させるためのもう1つの変更は、umenuランチャーだ。これは、Wubiと一緒に動作し、どのようにUbuntuをインストールするかを決める際に使われる。umenuを使うことの利点は、これがCD/DVDドライブをブートデバイスに設定しているかどうかということとは独立に働くということだ。このため、Ubuntuユーザーになるためのハードルは一段と下がる。

  Windowsユーザーを転向させるためのもう1つの変更は、umenuランチャーだ。これは、Wubiと一緒に動作し、どのようにUbuntuをインストールするかを決める際に使われる。umenuを使うことの利点は、これがCD/DVDドライブをブートデバイスに設定しているかどうかということとは独立に働くということだ。このため、Ubuntuユーザーになるためのハードルは一段と下がる。

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]