クロスサイトリクエストフォージェリなど怖くない?刑務所行きの危険があっても?

文:Nathan McFeters(Special to ZDNet) 翻訳校正:石橋啓一郎 2008年03月26日 19時23分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Robert Hansen氏(R-Snake氏としても知られている)は、米国時間3月20日、興味深い記事をブログに掲載している。R-Snake氏は次のように述べている。

 これについて話したことはあったが、今や本当に可能になった。CSRFは今では懲役の罪になり得る。FBIは児童ポルノだと考えられるリンクをクリックした人たちを逮捕し始めた。私はその崇高な目的は理解できるが、その古いロジックにはかなり大きな問題がある。私は、好きな時にユーザーにリンクをクリックさせることができる。そこで、一部の興味深いCSRF技術のグレーな領域が問題になる。司法当局は「リファラーが一致しない」というかも知れない。しかしそのためにMETA refreshがあるのだ。私はリファラーのURLをまったく残させずに、ユーザーに何かをクリックさせることができる。

 つまり、本当の質問はこうなる。リファラーURLのないユーザーを捜査する価値はあるだろうか?

 私はこの問題については、R-Snake氏に完全に賛成だ。私は児童ポルノを見ようとする輩を捕まえるのは大変結構なことだと思うが、われわれはみな、誰かにCSRFによってあるページを無理矢理見せられる可能性があり、そのために非常に重い罪で逮捕される可能性が生じるような世界を恐れるべきだと思う。新しい法律が技術と結びつけられるたびに、私はインターネットを使うことさえ恐ろしくなってくる。このように生まれた法律は、誤って犯罪に関わっているとされてしまうリスクを生んでしまうものであり、規制やPCIのような標準は非常に曖昧で、企業に「われわれはあなた達が言ったとおりにやったのだ」という言い訳を許し、ウェブアプリケーション自体を甚だしく安全でないままにさせておく危険がある。

 R-Snake氏が取り上げて指摘してくれたこの問題は、非常に重要だ。ある時点で、司法当局と政府はセキュリティの専門家と話を始める必要がある。彼らがこれほど法律に対してお粗末な判断をしているようでは、われわれの誰もが危ない。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
ハードから読み解くITトレンド放談
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
Gartner Symposium
企業決算
ソフトウェア開発パラダイムの進化
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化