LiMo Foundation、携帯電話向けLinuxのオープンプラットフォームをリリース

文:Tom Krazit(CNET News.com) 翻訳校正:大熊あつ子、矢倉美登里、吉武稔夫、高森郁哉 2008年04月01日 12時33分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleの「Android」だけが注目を集めているのかもしれないが、携帯電話用のLinux開発基盤統一に取り組んでいる業界コンソーシアムは1つではない。

 非営利団体のLiMo Foundationは米国時間3月31日、ラスべガスで開催された「CTIA Wireless 2008」のプレカンファレンスで「LiMo Platform Release 1」のリリースを発表した。Release 1では携帯電話を動作させるのに必要な基本OSのみを提供し、そのOS上に訴求力のあるユーザーインターフェース(UI)やアプリケーションを実装するのは、携帯電話機メーカーと通信事業者の手に委ねられる。

 LiMo Foundationの国際マーケティング担当ディレクターを務めるAndrew Shikiar氏は、「LiMoはついに、加盟企業が自由に配備できるプラットフォームの完成版をリリースすることができた。これはわれわれにとって、大きな成果だ」と述べている。LiMoには30社以上の携帯電話会社が加盟しており、サムスン電子、Motorola、Vodafone、NTTドコモといった大手が名を連ねるほか、最近では半導体メーカーのTexas Instrumentsもメンバーに加わっている。

 携帯電話業界の大手企業は、携帯電話におけるLinuxの利用に高い関心を示している。Linuxは「Symbian OS」や「Windows Mobile」といった市販のOSより安価なうえ、単一の大手企業に支配されていない(SymbianはNokiaが、Windows MobileはMicrosoftがそれぞれ保有する)。そのため、携帯電話業界にとっては、これらの市販OSに取って代わり得る魅力的な選択肢となっている。また、Linuxは本質的にモジュール型のOSであり、携帯電話メーカーや通信事業者は、それぞれの顧客や地域に合わせて最適なUIやアプリケーションを実装できる。

 だが、これは携帯電話用Linuxが抱える問題の一部でもある。各社が独自のLinuxを実装するため、アプリケーション開発者は各バージョンに合わせてプログラムを修正しなければならない。これは大変な作業だ。結果として市場が細分化され、Linuxが搭載されるのは比較的低価格の携帯電話に限られている。一方で、高性能スマートフォンの開発コミュニティは主に、Symbian、Windows Mobile、Research In Motion(RIM)の「BlackBerry」、そして成長著しいAppleの「iPhone」を軸に形成されている。

 したがって、LiMo Foundationの目標は、各加盟企業が利用できる携帯電話向けの共通プラットフォームを構築し、さまざまな機器でアプリケーションの互換性を保証することだ。残念ながら、Release 1はこの目標を達成できていない。

 Shikiar氏によると、2009年初めにリリース予定のRelease 2では、アプリケーションの移植性を向上させるという。また、OSのマルチメディア機能も向上する見込みだ。しかし、携帯電話市場にはそれよりも先に、「Google効果」の第1陣が到来しそうだ。

 Google のオープン開発プラットフォームのAndroidと、Googleが2007年に結成したOpen Handset Alliance(OHA)は、携帯電話向けLinuxの開発を一本化するという、LiMo Foundationとよく似た目標を掲げている。Androidがリリースされる数カ月前にLiMo Foundationを設立した多くの企業が、OHAにも名を連ねている。このことは、今ではこれらの企業が、携帯電話向けLinuxソフトウェアを求めてLiMo以外に目を向けていることを示しているのかもしれない。

 Androidを搭載した最初の携帯電話は、「Release Candidate 1」を搭載した最初の携帯電話が登場してからわずか2、3カ月後、2008年の夏か秋に発売される見通しだ。Shikiar氏は、LiMo FoundationはAndroidをライバル視していないと話すが、2つの団体が同じ携帯電話市場で優位に立つことを求めないとは考えにくい。

 それでも、Motorolaの「Razr 2」や「Rokr E8」など、LiMo Release 1を搭載した携帯電話はすでに市販されている。その他のモデルも年内に発売される予定だと、Shikiar氏は述べた。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
OS

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
ハードから読み解くITトレンド放談
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
Gartner Symposium
企業決算
ソフトウェア開発パラダイムの進化
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化