編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

Firefox 3 Beta 5が登場

文:Dawn Kawamoto(CNET News.com) 翻訳校正:湯木進悟

2008-04-03 07:03

 Mozilla Foundationは米国時間4月2日、WindowsおよびMac OS向けにWebブラウザ「Firefox 3 Beta 5」をリリースした。オープンソースのウェブブラウザ新バージョンでは、使用感を向上させる上での改善点も含まれている。

 Firefox 3 Beta 5では、安定性の向上、ウェブサイトの互換性、プラットホームやユーザーインターフェースの改善などを中心に、Beta 4からの750に上る変更点が、全体的に加えられた。

 使いやすさという観点では、Beta 5は、Windows、Mac、Linuxとの統合が改善されている。Windowsアイコンに加え、ウェブフォームやブラウザのネイティブユーザーインターフェースウィジェットへの改善が、Beta 5で示されている。

 一方、Appleユーザーは、ツールバーやアイコン、他のインターフェースアイテムの分野で、ネイティブのOS Xアプリケーションと同じようなルックアンドフィールが備わるなど、Beta 5での複数の強化点を見出せるだろう。Beta 5は、OS Xウィジェットの使用、ダウンロードの完了通知やアップデートにおける「Growl」のサポートなども提供している。また、ウェブページ間での切り換えを行うための、戻る/進むコントロールボタンの統合も追加された。

 Linuxユーザーは、Firefoxでデフォルトのアイコン、ボタン、メニューで、ネイティブのGTKデザインが採用されていることに気づくだろう。

 パフォーマンスに関しては、Beta 5では、JavaScriptエンジンとプロフィールベースの最適化に改良が加えられており、「Google Mail」や「Zoho Office」などのウェブアプリケーションの実行スピードが倍増したと、Mozillaは明らかにしている。

 パーソナリゼーションも、Beta 5での主な改善点に含まれる。新たな変更により、ユーザーは、ブックマーク、タグ、ブラウジング履歴の複数ビューからの閲覧、整理、検索が可能となり、頻繁に実行する検索をスマートフォルダ内に保存できるようになった。

 Firefox 3 Beta 5では数百点の変更が加えられたが、Beta 4で加えられた900に上る調整点よりは少ない。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。 海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]