編集部からのお知らせ
New! 記事まとめ「ISMAP-LIU」
話題の記事まとめ「通信障害と社会リスク」

アップルの2008年フラッシュメモリ購入額、予測を下回る見込み

文:Tom Krazit(CNET News.com) 翻訳校正:中村智恵子、小林理子

2008-04-08 11:59

 市場調査会社iSuppliによると、Appleによる2008年のフラッシュメモリ購入額は、予測より2億ドル減少する見込みで、フラッシュメモリメーカーにとっては厳しい年になりそうだという。

 iSuppliは2月、景気減速の中でAppleがフラッシュメモリの購入を切り下げる予定だと報じていたが、正確にどの程度の減少になるかについては判断をつけていなかった。現在、iSuppliが算出した数字では、Appleが2008年の「iPod」や「iPhone」用のフラッシュメモリ購入費用として、2007年の12億ドルから12%増加となる14億ドルを費やすという予測になっている。しかし、iSuppliもフラッシュメモリ業界もこれまで、Appleが少なくとも16億ドルを購入にあてるものと大きく見込んでいた。

 全体的なフラッシュメモリ市場は、生産能力の過剰と需要の落ち込みが最悪のタイミングで同時に起こるという混迷の中にある。フラッシュメモリ価格の下落は、Intelの第1四半期決算に影響を与える見込みとなっているし、ほかにも影響を受ける企業がありそうだ。iSuppliは、市場全体として2008年に9%増加の139億ドル規模に成長すると予測しているが、これは27%増加の179億ドル規模という当初の予測を下回っている。

 台湾のITサイトDigitimesは3月、Appleが在庫の調整を進めたため、2008年はまだフラッシュメモリの大規模な購入を行っていないと報じていた。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    SASEのすべてを1冊で理解、ユースケース、ネットワーキング機能、セキュリティ機能、10の利点

  2. 運用管理

    ノーツを蘇らせた老舗メーカーの取り組み―Nomadの活用で働き方が変わり生産性・従業員満足度が向上

  3. 経営

    二人の先駆者が語る経営×IT--デジタル活用・DX推進のリーダーが握る企業競争力

  4. 経営

    3人の識者による金言・アドバイス--時代に負けない骨太な組織作りへの道

  5. コミュニケーション

    日本企業が利用する代表的なグループウェアを徹底比較―グループウェア選定のポイントとは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]