マイクロソフトがGoogle App Engineに対抗するサービスを提供するのはいつ?

文:Mary Jo Foley(Special to ZDNet.com) 翻訳校正:菊地千枝子 2008年04月09日 09時02分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米国時間4月7日、Googleは多くの予想を上回るものを登場させた:ホステッドデータベースのプラットフォームにとどまらない、完全なホステッドウェブアプリケーションのプラットフォーム「Google App Engine」である。

 7日に開発者を対象としたイベントCampFire OneでGoogleが発表したApp Engineは、TechCrunchの説明によると、以下のようなものである。

 GoogleのApp Engineは「フルスタック、ホステッド、そして自動的に拡張可能なウェブアプリケーションを提供する野心的な新プロジェクトであり、Pythonアプリケーションサーバ、BigTableデータベースアクセス…そしてGFSデータストアサービスにより構成されている。」

 Microsoftが競争力の高いホステッドアプリケーションプラットフォームの準備をすすめているという噂を聞いたことがある。しかしその詳細については少し後から話そう。

 Google Apps Engineの「BigTable」として知られるデータベースコンポーネントは、Amazonの「SimpleDB」のほか、Microsoftの「SQL Server Data Services(SSDS)」を目指したものである。

 あるいはそうではないのかもしれない…。

 Roger Jennings氏が同氏のブログOakleaf Systemsで指摘するには、GoogleのBigTable(とAmazonのSimpleDB)は、実はそれほどMicrosoftのSSDSとは似ていないという。Jennings氏はこの週末、次のようにブログで述べていた。

 「BigtableのペーパーとSimpleDBのドキュメンテーションに基づく私の結論はこうだ:Bigtableの構造と実装は、SSDSよりもAmazonのSimple DBとの共通点が多い…BigtableとSimpleDBはリレーショナルデータベース管理システム(RDBMS)ではない。両方とも属性/値ペアの多次元インデックスマップのようである。SSDSはそれがRDBMSであるという事実を隠そうと試みている。」

 筆者がMix ‘08でMicrosoft関係者とSSDSについて話したときには、SSDSが何であるかを具体的に説明させるのが難しかった。3月初めに述べたとおり:

 「Microsoft関係者はSQL Server Data Servicesを他の競争業者によるサービスと比較することについては話したがらなかった。しかしGartnerのバイスプレジデントを務めるDavid Smith氏は、新しいMicrosoftのサービスはAmazonのSimpleDBのようなサービスに匹敵すると述べている。」

 Amazonが2007年12月にパブリックベータ版をリリースしたSimpleDBは、同社の「Elastic Computing Cloud(EC2)」と「Simple Data Storage Service(S3)」を補完し、それに付属するものである。これにより顧客は「cloud」でホストされているデータを保管、修正、クエリすることができる。

 SSDSはMicrosoftが準備を進めている開発者を対象とした数多くのホステッドサービスのひとつにすぎない。Microsoftはすでに、同社のBizTalk Server製品を拡張するワークフローサービスであるBizTalk Servicesに取り組んでいることを発表している。Microsoftはまた、「Synchronization Framework」のベータバージョンも発表した。その要素は、危うく廃止されそうになった「WinFS(Windows File System)」と非常に似ているようにみえる。

 Microsoftがホステッドアプリケーションプラットフォームを出動させるのも間近だと考えるある開発者によると、「ホステッドワークフローエンジンが、その背後にあるMicrosoftのキラーツールと組み合わさり、同社の重要な『cloud』キラーサービスとなるかもしれない」という。

 もちろん、ここでの大きな疑問は、このようなMicrosoftのアプリケーションプラットフォームのチームがGoogle App Engineのような一体化されたサービスのテストビルドをいつ提供することができるかという点だ。このチームは目下、「SQL Server 2008」の完成と、同社の SOAインフラ「Oslo」の構築に手一杯のようだ。

 誰かMicrosoftがGoogle App Engineに対抗する取り組みについてもっと詳細を知っている人はいないか?経験による推測でもよい。筆者自身、このような類のソリューションをYahooがどれほど整えているのか、あるいは取り組んでいるのかについて気になっている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
企業決算を追う
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化