最近よく聞く「クロスサイトスクリプティング」って? - (page 3)

文:Chad Perrin  翻訳校正:アークコミュニケーションズ、坂野裕史

2008-04-11 08:00

反射型攻撃を防止することと同様に、格納型攻撃からサイトを保護する際の鍵となるのは、送信されたすべてのデータが、表示前に表示エンティティに変換されるようにすることだ。これにより、送信されたデータはブラウザでコードとして解釈されなくなる。

ローカル型

ローカル型のクロスサイトスクリプティング攻撃では、ウェブページそのもののコード内の脆弱性が標的になる。これらの脆弱性は、JavaScriptでDOM(Document Object Model)を不用意に使った結果生じるもので、悪意のあるJavaScriptコードが含まれる別のウェブページを開くと、それと同時に、実際にはローカルシステムで最初のページ内のコードが改変されることがある。古いバージョンのInternet Explorer (Microsoft Windows XP Service Pack 2のInternet Explorer 6より前)では、World Wide Webから取得されたページではなく、ローカルコンピュータに格納されているローカルウェブページでもこの攻撃方法を使用できる。ブラウザの「サンドボックス」を破って外に出たそれらのページを通して、ブラウザの実行に使われたユーザー特権でローカルシステムに影響を及ぼすことができるのだ。多くのMicrosoft Windowsユーザーは何でも管理者アカウントとして実行する傾向があったため、これは事実上、Service Pack 2より前のMicrosoft Windows XPではローカル型のクロスサイトスクリプティング攻撃によって、ほとんど何でもできたことになる。

ローカル型のクロスサイトスクリプティング攻撃では、反射型や格納型の攻撃とは異なり、サーバには悪意のあるコードがまったく送信されない。攻撃動作はすべてローカルのクライアントシステムで発生するが、通常は正当であるウェブサイトから提供されたページは、ブラウザによって解釈される前に改変されるため、悪意のあるペイロードをサーバからクライアントに運んだかのように動作する。つまり、悪意のあるクロスサイトスクリプティングをフィルタで除外したりブロックしたりするサーバ側の保護では、この種類の攻撃には対処できないことになる。ローカル型のクロスサイトスクリプティングの詳細については、DOMベースのクロスサイトスクリプティングについての説明(英語)を参照してほしい。

クロスサイトスクリプティングからの保護

 クロスサイトスクリプティング攻撃からウェブ設計を保護する最も包括的な方法は、ユーザーによる入力に特殊文字が存在する場合は、URL内のものを含めてすべてHTMLエンティティなどの表示エンティティに変換することである。これは、PHP、Perl、ASP.NETなどのサーバ側コードだけでなく、ユーザーによる入力を扱うJavaScriptについても当てはまる。この対策は、ウェブサイト設計支援アプリケーションの場合など、ユーザーが自分の入力内でHTMLやXHTMLを使用できることを期待しているウェブサイトの運用の妨げになる場合もある。そのような場合は、悪意のあるコードからの保護のため、より複雑なコードが必要な場合がある。こうしたきめの細かいフィルタ処理は、悪意のあるセキュリティクラッカーとの軍拡競争の一面にすぎないが、当然、100%の効果が得られるものでもない。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]