編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード

マイクロソフトとNews Corp.、米ヤフーを共同で買収か--米報道

文:Dawn Kawamoto(CNET News.com)
翻訳校正:ラテックス・インターナショナル

2008-04-10 18:03

 MicrosoftとNews Corp.は腕を組み合ってYahooに共同買収提案をしようとしているのだろうか。

 これはおもしろいことになりそうだ。

 Wall Street Journalの米国時間4月9日の記事によると、この業界の2大巨頭はこのような取引をめぐって「本格的な協議」に入っているという。

 そしてNew York Timesの記事は、MicrosoftとNews Corp.が検討している統合がどのようなものかについて説明している。

 Timesの記事によると、この取引ではMicrosoftの不振にあえいでいる「MSN」がNews Corp.のソーシャルネットワーキングサイト「MySpace」およびYahooに統合されることになるという。

 Journalはこの協議を「本格的」と表現しているが、Timesでは両社は「微妙な段階」にあり、この取引がゴールインするまでにはまだ長い道のりがあると伝えている。

 取引の条件はまだまとまっていないが、Timesは一部の情報筋の推測を引用して、News Corp.はこの取引とFox Interactive Media部門(MySpaceを運営)に現金を投入するかもしれないと報じている。

 皮肉なことに、News Corp.のRupert Murdoch氏がYahooをめぐってMicrosoftと買収合戦を繰り広げるつもりは全くないと表明したのはほんの3月のことだった。昔から「戦って勝てない相手なら手を結べ(長いものには巻かれろ)」という決まり文句がある。

 Microsoftが5日、なかなか煮え切らないYahooに対して取引に応じるように3週間の期限を定めた最後通告を出してから、Yahooをめぐる状況は1日ごと、いや1時間ごとにめまぐるしく変化している。大株主のLegg Masonが、Microsoftが買収価格を下げた場合にはYahooを支持すると表明し、YahooはGoogleの検索広告サービスを2週間にわたってテストすることを検討し、さらにはYahooがTime Warner傘下のAOLと資産交換/資本提携を検討しているとの絶えざるうわさが出ており、きっと読者の頭の中は混乱しているに違いない。

 3週間の期限が1日ごとに近づいている中、1つ確かなことは周囲の雑音がますます大きくなり、しかもその頻度が増していくということだ。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    なぜ、2021年にすべてのマーケターが「行動経済学」を学ばねばならないのか?

  2. セキュリティ

    SIEMとEDRが担うべき正しい役割とは?企業のセキュリティ部門が認識しておくべき適切なツールの条件

  3. クラウドコンピューティング

    デザインシンキングによるAIと課題のマッチング!現場視点による真のデジタル改善実現へ

  4. 経営

    なぜ成長企業の経営者はバックオフィス効率化に取り組むのか?生産性を高めるための重要な仕組み

  5. 仮想化

    Microsoft 365を利用する企業が見逃す広大なホワイトスペースとは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]