編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

グーグルとセールスフォース、業務アプリケーションの統合で提携

文:Mike Ricciuti(CNET News.com) 翻訳校正:編集部

2008-04-14 18:18

 Salesforce.comとGoogleは、「Google Apps」をSalesforce.comのCRMアプリケーションに統合して提供するため、提携することを明らかにした。

 両社は米国時間4月14日、Google Apps、Gmail、Calendar、Google TalkをSalesforce.comと緊密に連携させて利用を可能にするオプションを提供することを発表する予定だ。

 これにより、顧客からのメールをSalesforce.comに保存された顧客情報に追加することができるため、例えば、単一の場所から顧客とのやり取りすべてがアクセス可能となることを意味する。また、このような直接的な動きは、Google Talkなどのアプリケーションにも適用される。

 Salesforce.comにとって、これらの機能は新しいものではない。同社は、Microsoftの「Office」や「Outlook」といったデスクトップアプリケーションとの統合を提供している。しかし、今回のケースは、より広範囲なウェブベースのアプリケーションパッケージを提供するということにおいて、同社初の試みとなる。

 Salesforce.comは、今回の件について、マーケティング主導の動きではないと述べる。Salesforce.comのオンラインフォーラム「Idea Exchange」を通して、同社顧客がGoogle Appsとの統合を望んでいたという。

 「顧客が開発を希望しているものを知るため、(Idea Exchangeには)注意を向けている。ユーザーはGoogle Appsに投票していた」とSalesforce.comでアプリケーション担当バイスプレジデントのKraig Swensrud氏は述べる。同氏は、Salesforce.comのカスタマーベースの大きな部分が新機能に興味を持つと予想している。

 Salesforce.comはGoogle Appsとの統合に課金をしない予定だ。既存の顧客は、追加費用なしで利用可能となる。現在のところ、Salesforce.com顧客10社がベータテストモードで試験をしているとSwensrud氏は述べた。

 もちろん、Salesforce.comも利益を求めている。同社は、「Salesforce for Google Apps Supported」というサービスを提供する予定だ。このサービスでは、エンドユーザーへの電話サポート、統一された課金とプロビジョニング、追加のAPIをユーザー当たり月額10ドルで提供する。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]