グーグル×セールスフォースで「古いタイプのソフトウェアは終焉を迎える」

谷川耕一 2008年04月17日 17時32分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 4月14日に米国で行われた「Salesforce for Google Apps」の発表を受け、Salesforce.comのマーケティング、アプリケーション、教育統括責任者であるGeorge Hu氏が来日し、今回の提携に関する戦略の説明会が都内で開催された。

宇陀栄次氏 宇陀栄次氏

 日本法人セールスフォース・ドットコムの社長である宇陀栄次氏は、「クラウドコンピューティングの世界で、ビジネスコンピューティングのリーダーとコンシューマのリーダーが対等な関係でアライアンスを結ぶことができた」と述べ、この提携によりMicrosoftやOracleなどが提供する古いタイプのソフトウェアが、いよいよ終焉を迎えるであろうと指摘した。

 続けて、利用者が特別なインフラを用意せずに、さまざまなアプリケーションを、どこからでも容易に使えるクラウドコンピューティングならば、中小規模の企業や都市部以外の地域、さらにはビジネスを行う上で時間などにハンデを負っているユーザーに、新たなビジネスチャンスを与えることができると主張した。

 Hu氏は、Salesforce.comとGoogleには共通のビジョンがあると説明した。

 技術面ではマルチテナントプラットフォームの提供、ビジネスモデルではサブスクリプション型という新しいモデルを持っていること、そしてパートナーとのエコシステムの構築──この3つのビジョンを共有しているという。

 両社は2003年、社会貢献のための共同助成金プログラムで初めて協業して以来、APIの統合、Salesfforce.comから直接管理できるGoogle AdWords向けサービスなど、継続して協業関係を築いてきた。Google AdWordsについては、両社の取り組みを通じて200万を超えるキーワードが取引されているという。

 一連の協業活動を通して、Googleが今後なにをしたいのかということについても十分に意見交換しており、Hu氏はそれを十分に理解しているという。こういった実績の上に今回の協業があり、この提携は業界に大きな革命を起こすものだと胸を張る。

 とはいえ、今回の協業は両社が独善的に決めたことではなく、顧客の声によるものだとも話す。

George Hu氏 George Hu氏

 「両社はともに顧客主体の企業だ。SalesforceのサービスとGoogle Appsを融合して欲しいという、顧客のたくさんの声があったからこそ実現した協業だ」(Hu氏)

 今後も顧客の要望を取り入れ、両社の提携をさらにステップアップさせていきたい考えだ。

 実際、Salesforce for Google Appsのユーザーコミュニティもすでに発足しており、顧客の意見を吸い上げる体制はできあがっている。さらにパートナー向けにも、AppExchangeの中に専用のカテゴリが用意されている。

 開発者向けには新たなAPIが公開される。これはSalesforce.comのプラットフォームサービス「force.com」上で利用でき、Salesforce.comとGoogleの2社でしっかりとしたクラウドコンピューティングの土台部分の、継続した提供を約束するものだという。

 Salesforce for Google Appsのサービスは、すでに15カ国語に対応し、世界中に無償で提供されている。発表会場では、Gmail、Google Docs、Google CalendarとSalesfoceのサービスが実際に融合している様子がデモンストレーションで紹介された。

 Gmailでは「Send Gmail + Add to Salesforce」ボタンが用意され、Gmailでの顧客とのやり取りが自動的にSalesforceの顧客管理アプリケーション対応ログに記録されたり、Salseforceのスケジュール管理機能とGoogle Calendarが自動同期する様子が示された。これらの機能はもちろん日本語化されており、Salesforce.comのユーザーであればすぐにでも利用できる。

 2008年夏にはSalesforce.comを窓口とする統合サポートサービス「Salesforce for Google Apps, Supported」を開始する。価格は、1ユーザーあたり月額1260円(現時点の米国予定価格10ドルを日本円に換算した金額)での提供となる予定だ。これら一連の協業はGoogleにとってもちろん大きなビジネスチャンスであり、結果的に「SalesforceがGoogle Appsの最大規模のリセラーになるだろう」とHu氏は言う。

 今回の両社の提携で、これまで活用してきたソフトウェアが一気に終焉を迎えるとは思えない。しかし、Salesforce.comがGoogleという強力なパートナーを得て、業界のルーキー的なポジションから一気にステップアップすることは間違いないだろう。ベテランプレイヤーがまだまだレギュラーポジションを堅持するのか、あらたなSaaSがレギュラーを奪うのか。ユーザーは、自社のITプレイヤーの構成を今一度確認するときに至ったのかもしれない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウドコンピューティング

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
ハードから読み解くITトレンド放談
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
Gartner Symposium
企業決算
ソフトウェア開発パラダイムの進化
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化