セキュアコーディング:そこにある見えない大問題 - (page 3)

文:Dennis Howlett 翻訳校正:石橋啓一郎 2008年04月18日 11時27分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 あまりにも長い間セキュリティに関する話を聞いているせいで、われわれは感覚が麻痺してしまい、単にIT予算の中に隠されている高い保険料をと改善費用を払うことでよしとしてしまっているのかも知れない。ここで、Davidoson氏の批判で参照されている組織、SANSに注意を向けてみたい。手元に、セキュリティ上の脆弱性トップ20のリストがある。この中には、次のように書かれている。

 コンテンツ管理システム(CMS)、Wiki、ポータル、掲示板、フォーラムなどのウェブアプリケーションは、大小の組織に使われている。多くの組織はまた、その組織の事業のために専用に構築されたウェブアプリケーションを開発し維持している(実際、そのアプリケーションが事業そのものであることも多い)。毎週、市販されているウェブアプリケーションやオープンソースのウェブアプリケーションに関する何百という脆弱性が報じられており、積極的に破られている。一方で専用に構築されたウェブアプリケーションもやはり攻撃の対象になっており、それらのアプリケーションが持つ脆弱性によって破られているが、これらは@RISK、CVE、BugTraqのような公的な脆弱性データベースに報告もされていなければ、追跡もされていないことに注意して欲しい。大規模なウェブホスティングファームの一部が受けている攻撃の試みの数は、1日につき何十万件から、時には何百万件に及ぶ場合もある。

 読者はおそらく、報じられている脆弱性の数があまりにも莫大になってきているということには賛成するだろうと思う。特に関係している開発技術が、マーケティング担当者やソーシャルメディア評論家が耳を傾ける人すべてに押しつけている、現在の「ウェブ2.0・エンタープライズ2.0」のスタイルのアプリケーションに直接的に結びつくものである場合にはそうだ。

 これらの善意の人々は、これが企業にどういう影響をもたらすか、一秒でも考えたことがあるのだろうか。誰か、潜在的に安全でないシステムを、ボトムアップ方式で導入することは、将来IT部門にネズミの巣を渡すようなものだということを思った人はいないだろうか。これらの非公式なシステムが、すでに問題になっているトランザクションシステムと統合されることを真剣に考えたことがある人はいるだろうか。これらの問題は、クラウドコンピューティングの世界では緩和することができるだろうか。IT部門がクラウドコンピューティングやソーシャルコンピューティングに懐疑的なのは、果たして驚くべきことだろうか。

 誤解して欲しくないのだが、私はわれわれがよりオープンな形態のコミュニケーションに移行しており、新しい方法で共有や協調を行ったり、低コストコンピューティングのもたらすものを経験し始めているというようなことに水を差そうとしているわけではない。しかし、これらすべての良きものは、既存の進化しつつあるソフトウェア生態系の文脈の上にあることも忘れるべきではない。外向きのソーシャルコンピューティングの流れは無くなるわけではないが、企業がより効率的にマーケティングしようということを超えて、熟慮しようとする試みもわずかではあるが見えている。もし、従来の店舗用システムであれ、クラウドで動くシステムであれ、堅牢なトランザクションシステムと安全に統合することができなければ、業界自体が完全に失敗してしまうだろう。

 企業はこれまでに、ソフトウェアに何兆ドルも投資してきており、そのソフトウェアは堅牢な場合もあるが、多くの場合は弱いものだ。Davidson氏の評価は、何年もの間業界自体に無視されてきたことに対する反作用であり、将来ITが直面する問題を反映したものであるかも知れないという議論はできる。しかし、同氏が将来に向かってしっかり準備をしているという事実は、少なくとも1人のソフトウェア企業の役員は、われわれ全員が信用できる、安全性を確保したソフトウェアを開発することに対し真剣に取り組んでいるということを示している。これは賞賛されるべきことだ。新しいソフトウェアでは定期的にバグが発見されるという話で、背中から撃つ同業者がいることが分かっているとしてもだ。

 一方で、私はAlex Iskold氏の花形ソフトウェアエンジニアの持つ10の特質に関する記事を見て気づいたことがある。セキュアコードを書く能力については、一度も触れられていないのだ。

 終わりに。私はDavidson氏に多くの質問に答えて欲しいと考えていたのだが、この記事の発表時点までに返答を得ることができなかった。これは、今後また考えてみたいトピックだ。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SpecialPR

連載

CIO
月刊 Windows 10移行の心・技・体
ITアナリストが知る日本企業の「ITの盲点」
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
セキュリティインシデント対応の現場
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft Inspire
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]