編集部からのお知らせ
新着・電子インボイスの記事まとめ
記事まとめDL:オンライン確認「eKYC」

苦戦続くAMD--第1四半期は3億5800万ドルの赤字 - (page 2)

文:Tom Krazit(CNET News.com) 翻訳校正:編集部

2008-04-18 10:14

 朗報としては、AMDは第2四半期末には、待ちに待った新製品を発表する。同社社長兼最高執行責任者(COO)であるDirk Meyer氏は、それぞれサーバとデスクトップ向けの4コアチップ「Barcelona」および「Phenom」により、これらの市場におけるAMDの業績は改善するにちがいないと述べた。また、AMDは第2四半期に、同社が初めてノートPC専用に設計したプロセッサもリリースする予定である。

 しかしAMDは、これらの新製品があるにもかかわらず、第2四半期は例年の季節的な傾向に従って、売り上げが減少すると予測している。第2四半期は、新学期シーズンやクリスマスなどの活性剤的なイベントが何もなく、PCおよびサーバ業界においては1年の中で最も動きの少ない時期である。

 Ruiz氏が「Asset Light」戦略というフレーズを口にし始めてから1年たったところで、この実体の見えない戦略について詳しく聞いてみたいところだが、製造部門のコスト削減に対するAMDの計画については、未だ明らかにされていない。Ruiz氏は、「(より詳細な情報を)知りたいと思われていることはわかっているが、その詳細を示すことができず申し訳なく思っている」と、非常に残念そうに述べた。

 AMDは2008年第1四半期まで、5四半期連続で赤字を計上しており、2008年第1四半期は少なくとも3億5000万ドルを損失している。同社がどのような思いで、これほど長期にわたって赤字を計上し続けているかは想像に絶する。同社の2007年初めから2008年3月末までの損失は、合計37億ドルにものぼる。

 Ruiz氏は、2008年第3四半期にはAMDの利益を増加させると約束した。不透明な経済情勢に立ち向かい、大規模なコスト削減を実施し、そしていくらかの運をかけて、販売促進を図る予定だ。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]