編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「データサイエンティスト」
ZDNet Summit 2021開催のご案内

注目集めるデータ暗号化でエンドポイントを保護--チェック・ポイント - (page 2)

末岡洋子

2008-04-18 20:07

他社製品との差別化は?

 「Endpoint Security Full Disk Encryption」は、マシンにあるデータをOSからシステムファイル、データまで完全に暗号化します。

 ファイル暗号化などの製品がありますが、この場合、ユーザーがどのデータを暗号化された場所に格納するのかを定義します。自動ではないので、ポリシーの施行が難しくなります。誤って機密情報を暗号化されていないフォルダに入れてしまう可能性もあります。

 このようなことから、ディスクを丸ごと暗号化するわれわれのソリューションは透明性があり、自動化もあることから、高いセキュリティレベルを実現しています。

 もう1つが包括性です。

 プラットフォームでは、Windows、Linux、Macに対応します。Mac対応は数週間以内に発表する予定です。モバイル端末も対応を強化しており、Symbian、Palm、Windows Mobileなどをサポートします。対応はSDカードなどのメディアにも拡大しており、iPhoneなど、マシンに接続するあらゆる機器も含まれます。USB、FireWireなどさまざまなポートもサポートします。非常に包括的なエンドポイントセキュリティといえます。

 RSAトークンなどの2つ目の認証手段を導入している企業がありますが、我々はスマートカードやトークンなどもサポートしています。投資を無駄にしません。

 データ暗号化分野は注目度が高く、McAfeeによるオランダのSafeBoot買収など、他社も動き始めました。われわれは一歩リードしています。

今後の製品強化について教えてください。

 エンドポイントセキュリティの価値がわかった企業からは、個々のエンドポイントセキュリティを単一のクライアントで利用し、中央で一元的に管理したいというニーズが出てきています。Check Pointは現在、VPNやファイアウォールといったネットワークセキュリティ技術をエンドポイントセキュリティと統合できるように開発を進めています。

 今年末か来年初めには、これらすべてをエンドポイントで管理できる単一コンソールを発表する見通しです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]