インテル、「Mash Maker」を公開--一般ユーザー向けマッシュアップツール

文:Martin LaMonica(CNET News.com) 翻訳校正:編集部

2008-04-23 12:59

 Intelは、ウェブ全体を編集可能にしたいと考えている。ウィキペディアの1ページのように。

 Intelは米国時間4月22日、ユーザーがウェブページを変更したり、異なるサイトからの情報を統合したりすることのできる無償のブラウザ拡張である「Intel Mash Maker」のベータ版をリリースした。Intelによると、最初のベータ版は、「Firefox 3」と「Internet Explorer 7」で動作するが、現時点ではFirefoxで使用する方が機能が充実しているという。

 Intelの研究所で開発された同製品は、グラフィカルデザインツールを搭載する点において「Yahoo Pipes」や「Microsoft Popfly」などの既存のマッシュアップツールに似ている。

 それらと異なるのは、Intel Mash Makerによる情報の実際のマッシュアップが、サーバではなくクライアント上で実行される点である。したがって、例えば「Google Maps」に不動産物件情報をプロットする場合、Intel Mash Makerでは、別のウェブアプリケーションを作成するのではなく、不動産物件掲載サイトに視覚的情報を付加するウィジェットを追加することができる。

 つまり、ユーザーは、既存のウィジェットをコピーするか、ウィジェットを別のウェブページへとカスタマイズすることにより、ウェブページを独自にカスタマイズすることができるというわけだ。例えば、Expediaのフライト検索結果で「leg room(足が伸ばせる余地)」を表示するウィジェットを持つユーザーは、それを他の旅行サイト向けに変更することが可能となる。

 Intel Researchのシニア研究者でMash Maker開発者でもあるRobert Ennals氏は、「ウェブサイトのカスタマイズ工程を一般開放しているのだ」と述べた。

 Intelは、ユーザーがよく使用されるウィジェットを検索可能なギャラリーを用意し、アイコンをFirefoxツールバーにドラッグすることによってそれらを自分のブラウザに追加できるようにしている。ウィジェットはコピー可能で、ウィジェットを拡張するためのAPIもある。JavaScriptプログラマならば、自分で作成してもよい。

「Intel Mash Maker」のインターフェース 「Intel Mash Maker」のインターフェース
提供:Intel

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]