FAQ:「Live Mesh」を理解するヒント

文:Ina Fried(CNET News.com)
翻訳校正:ラテックス・インターナショナル 2008年04月24日 16時40分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは米国時間4月22日、複数のデバイスを接続してデータを同期させる「Live Mesh」サービスを発表した。もし読者がシームレスネス、同期、「Software Plus Services」といった用語に目をくらまされてよく理解できないなら、以下にQ&A形式でLive Meshをわかりやすく説明したい。

--Live Meshとは何か?

 最も基本的なレベルでは、ダウンロード可能なソフトウェアとクラウドベースのサービスを組み合わせて、異なるデバイス間でデータやアプリケーションを同期、共有するものだ。

--そのしくみは?

 Live Meshは主としてフィードという概念を使用してウェブサイト以上のものを実現するとともに、データとデバイスを表現している。

--現時点で何ができるのか?

 基本的に主として2つのことができる。まず、ファイルのフォルダを複数のWindows PC間およびクラウドと同期することができる。また、メッシュ内の別のPCとの間でリモートデスクトップを無償で簡単に実現する方法も提供してくれる。

--うたわれてはいるが現在実現されていない機能は何か?

 話には出ているが現在のベータ版には含まれていない機能はたくさんある。主要なものは、他のデバイスのサポートである。MicrosoftはMeshをさまざまなデバイスを接続する手段であると宣伝しているが、現時点ではWindows PCでしか使用できない。MacとWindows Mobile端末のサポートはまもなく実現される予定だ。

 Live Meshはまた、オフラインアプリケーションが複数のユーザー間でデータを同期できるようにし、オンラインアプリケーションがオフラインで動作して、データを再びクラウドに同期するための方法であるとも宣伝されている。しかし、Microsoftは今回のリリースに伴い、Mesh対応のアプリケーションを一切提供しておらず、また外部の人間がMesh接続アプリケーションを作成するために必要な開発ツールも準備されていない。

--いつ入手できるのか?

 Microsoftは現在、「Mix 08」展示会の出席者や今週開催される「Web 2.0 Expo」の出席者など、約1万人のユーザーを対象にクローズドベータテストを実施している。より広範囲のベータテストは2008年秋の「Professional Developers Conference(PDC)」前後の時期に予定されている。

--価格はどの程度なのか?

 現在のところサービスは無償であり、5Gバイトのストレージ容量が提供され、PtoPデータの容量には上限がない。

--では、ビジネスモデルはどのようなものか?

 Microsoftはいまだにそれを解決しようとしている段階だと述べている。検討されているモデルには、サブスクリプションベースのモデル、広告ベースのアプローチ、さらにはマイクロペイメント(少額課金)までも含まれる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
企業決算を追う
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化