編集部からのお知らせ
ダウンロード公開中「ITが取り組むべきプライバシー」
最新記事まとめ「医療IT」

日本オラクルで社長交代--新社長は元日本IBMの遠藤隆雄氏、新宅氏は会長に

田中好伸(編集部)

2008-04-24 16:38

 日本オラクルは4月24日、6月1日付けで遠藤隆雄(えんどうたかお)氏を社長執行役員・最高経営責任者(CEO)とすることを発表した。現在の代表取締役社長・CEOである新宅正明氏は代表取締役会長に就任する。取締役会で決議された。

 遠藤氏は、1954年生まれの54歳。1977年に日本IBMに入社し社長補佐などを経験後1996年に米IBMに出向。帰国後にサービス事業企画や製造・流通サービス事業部長を経て2001年に取締役に就任。2002年にアジア・パシフィックインダストリアルサービス・セクターを担当して、日本を含むアジア地域のサービス事業を統括している。

 その後の2006年に常務執行役員BTO事業担当となり、2007年8月に日本IBMを退職している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 経営

    企業価値を「デジタル由来」に転換--大企業のDXをハッカソンで支える日本マイクロソフト

  2. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  3. セキュリティ

    2021年のサイバー脅威予測が明らかに─将来の攻撃に企業はいかに備えるべきか

  4. セキュリティ

    6割のサイバー攻撃ではマルウェアは使われていない事実が判明─求められる新たな防御戦略とは

  5. OS

    “テレワークだからこそ”デスクトップPCを利用すべき?!ノートPCにはない魅力の数々に迫る

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]