編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

RSAとEMCが注力するデータ消失防止(DLP)製品--3つのポイントをRSAが語る - (page 3)

冨田秀継(編集部)

2008-04-24 20:38

 現在の投資領域としては、「ポリシーや、ポリシーのオーケストレーションが重要な分野のため、多大な投資をしている」という。また、「ストレージやコンテンツ管理、ファイル共有の制御(にも投資をしており)、EMCはこの分野で実績がある。さらに暗号化、ファイルそのもののセキュリティも投資の対象となる」と語る。

 これらに加え、もう一つ「かなりの投資をしている分野にサービスがある」のだという。具体的には、「情報に関わるリスクを特定するためのサービスと、そのリスクに対策をうつサービス」だ。

 一方で急速にインフラに吸収され姿を消しつつある制御部分には、現在あまり投資をしていないようだ。「ラップトップの暗号化などは、そのよい例だろう」(Corn氏)

 今後、Corn氏の役割は「多くの投資をこの(データ管理の)分野に、EMC/RSA連合としてつぎ込んでいくこと」にあるという。

 こうしたRSAの事業戦略、ひいてはEMCの戦略を考えると、IBMが掲げるInformation on Demandとの類似を発見できよう。「情報」に対するアプローチが違うだけで、潜在的には既に競合していると考えることもできるのではないだろうか。

 この問いにCorn氏は「IBMと(直接)競合するかはわからない」と語った上で、「(データの発見・分類というエリアに)巨大企業が参入してくるのは想像できない話ではない」との認識を示す。

 「というのは、この分野はITインフラにおいて基盤となるデータ管理だ。セキュリティという点ではデータの流出という懸念点がある。文書を一定期間保存しなければならないなどの法規制もある。しかし、データの発見と分類は単にテクノロジーの問題なのではなく、企業にとって戦略的な意味があるのだ」と強調している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]