MS08-025:Windowsのカーネルにローカルでの特権昇格セキュリティホール

文:Nathan McFeters(Special to ZDNet) 翻訳校正:石橋啓一郎 2008年04月30日 13時03分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは次のように述べている。

 ローカルの攻撃者によりこの脆弱性が悪用された場合、影響を受けるコンピュータが完全に制御される可能性があります。攻撃者は、その後、プログラムのインストール、データの表示、変更、削除、または完全なユーザー権限を持つ新たなアカウントを作成する可能性があります。これは、Windows 2000、Windows XP、Windows Server 2003、Windows Vista および Windows Server 2008 のすべてのサポートされているエディション用の深刻度「重要」のセキュリティ更新プログラムです。このセキュリティ更新プログラムは、Windows カーネルがユーザー モードから送られた入力の検証方法を変更することにより、脆弱性を削除します。影響のを受けるソフトウェアに対する更新プログラムが提供されています。

 これはなかなか大変なものだ。この脆弱性を過小評価すべきではない。システムに対してユーザーレベルのアクセスを得ることは、特に企業環境では、思われているよりも大きな問題になる。一般ユーザーがドメインコントローラーから提供される特権によって、より重要なシステムへの正規のアクセスを獲得し、そこでこの脆弱性を悪用して管理者特権を入手する可能性もある。そのシステムの認証情報を操作したり、キャッシュされているドメイン管理者の認証情報を入手したりすれば、ネットワーク全体をコントロールすることができる。

 さらに悪いことに、この問題については2カ所から脆弱性実証コードが公に提供されている(Security Focusに列挙されている)。

 Immunity Partner's Programのメンバーから、次の脆弱性実証コードが提供されている。

https://www.immunityinc.com/downloads/immpartners/ms08_025.tgz

 次の概念実証コードが利用可能だ。

 Microsoftがこの脆弱性に素早くパッチを当てたのはいいことだが、読者は実証コードが公になっていることを考えて、確実に更新していることをダブルチェックすることを勧める。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
企業決算を追う
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化