編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

マイクロソフト、Officeのコマンド検索用のアドオンをリリース

文:Ina Fried(CNET News.com)
翻訳校正:ラテックス・インターナショナル

2008-05-01 12:17

 「Microsoft Office」の新しい「リボン」インターフェースで慣れ親しんだコマンドが見つからなくて困っているユーザーのために、Microsoftは新しいオプションを用意している。それはコマンドの検索機能である。

 Microsoftは米国時間4月28日、ユーザーが実行したい機能を検索できる「Search Commands」というOfficeのアドオンをリリースする。数カ月にわたる社内でのテストを経て、Microsoftではこれを一般ユーザーに実地に試してもらう準備が整った。しかしこの新しいツールは、Microsoftのメインウェブサイトでは見つからないだろう。

 Search Commandsは「Office Labs」と呼ばれる新しい取り組みによって配布される。Microsoftのベテラン社員Chris Pratley氏が率いるOffice Labsは、機が熟した(または熟していない)と考えられる生産性のアイデアをテストする試みである。

 Pratley氏はインタビューで、Office Labsは単なる1つの機能から新しい製品コンセプト全体にいたるまであらゆるものを実地に試験することを狙いとしていると語った。その目的は早い段階でフィードバックを得て、その後に多額の投資をつぎ込むかどうかを判断することにある。

 「製品をすべて完成させて、それからその製品をリリースして反応を確かめるのではちょっとコストがかかりすぎる」(Pratley氏)。Pratley氏はそれを自らの経験から実感している。同氏は、1990年代にWordやExcelに取り組んだ後で、2000年代前半に「Office OneNote」アプリケーションを作成したスタッフの1人である。

 Office Labsは、Microsoftにとっては新しいアイデアを試すサンドボックスを作ろうとした初めての試みではない。同社にはすでにオンラインサービスビジネスを育てる「Live Labs」という研究機関がある。

 Office本体には大勢の開発者がかかわっているが、Pratley氏が率いているのはデザイナーと開発者からなる約60人のチームである。Microsoftは28日、同グループが取り組んでいるプロジェクトからSearch Commandsと「Community Clips」の2つを公開する。Community Clipsは簡単に言うと、YouTubeのようなヘルプビデオの共有システムを作成する試みである。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]