マイクロソフト、Officeのコマンド検索用のアドオンをリリース

文:Ina Fried(CNET News.com)
翻訳校正:ラテックス・インターナショナル 2008年05月01日 12時17分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「Microsoft Office」の新しい「リボン」インターフェースで慣れ親しんだコマンドが見つからなくて困っているユーザーのために、Microsoftは新しいオプションを用意している。それはコマンドの検索機能である。

 Microsoftは米国時間4月28日、ユーザーが実行したい機能を検索できる「Search Commands」というOfficeのアドオンをリリースする。数カ月にわたる社内でのテストを経て、Microsoftではこれを一般ユーザーに実地に試してもらう準備が整った。しかしこの新しいツールは、Microsoftのメインウェブサイトでは見つからないだろう。

 Search Commandsは「Office Labs」と呼ばれる新しい取り組みによって配布される。Microsoftのベテラン社員Chris Pratley氏が率いるOffice Labsは、機が熟した(または熟していない)と考えられる生産性のアイデアをテストする試みである。

 Pratley氏はインタビューで、Office Labsは単なる1つの機能から新しい製品コンセプト全体にいたるまであらゆるものを実地に試験することを狙いとしていると語った。その目的は早い段階でフィードバックを得て、その後に多額の投資をつぎ込むかどうかを判断することにある。

 「製品をすべて完成させて、それからその製品をリリースして反応を確かめるのではちょっとコストがかかりすぎる」(Pratley氏)。Pratley氏はそれを自らの経験から実感している。同氏は、1990年代にWordやExcelに取り組んだ後で、2000年代前半に「Office OneNote」アプリケーションを作成したスタッフの1人である。

 Office Labsは、Microsoftにとっては新しいアイデアを試すサンドボックスを作ろうとした初めての試みではない。同社にはすでにオンラインサービスビジネスを育てる「Live Labs」という研究機関がある。

 Office本体には大勢の開発者がかかわっているが、Pratley氏が率いているのはデザイナーと開発者からなる約60人のチームである。Microsoftは28日、同グループが取り組んでいるプロジェクトからSearch Commandsと「Community Clips」の2つを公開する。Community Clipsは簡単に言うと、YouTubeのようなヘルプビデオの共有システムを作成する試みである。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
企業決算を追う
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化