北野天満宮の国宝絵巻、日本HPが複製を制作

CNET Japan Staff 2008年05月03日 20時30分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本ヒューレット・パッカード(日本HP)は、北野天満宮が所蔵する国宝「北野天神縁起絵巻(承久本)」の複製を制作した。複製の製作には約半年を要し、2月25日に北野天満宮に奉納した。5月2日から31日までの期間、天満宮にて複製を一般公開する。

 絵巻は、学問、芸術の神様として知られる天神(菅原道真公)の一生などを描いた全9巻で、大きさは、縦52cm、各巻の長さは最短842cm、最長1211cmで、総延長は100mにもなる。複製にあたって使用したプリンタは、大判グラフィック用プリンタの「HP Designjet Z3100ps GP Photo」。

 絵巻の複製は、芸術文化財保護の目的と、一般の目に触れる機会の少ない国宝を複製することで多くの人が天神信仰を理解する機会をもてるようにという主旨で、HPが北野天満宮に申し入れた。HPではこれまでにも、2007年に開催された「生誕100年記念 ダリ展-創造する多面体」で、ダリの作品「ヴィーナスの夢」のオリジナルが展示できなかった期間のために複製を作成するなど、芸術作品の高精細複製を行うデジタルファインアート普及に向けた取り組みを強化している。

 今回複製した絵巻はオリジナルが非公開となっているため、北野天満宮側でも複製を製作すべきかどうか慎重に議論があったというが、「オリジナルの記録を取ることで絵巻を広くアピールできると考え、実施に踏み切った」としている。

北野天満宮 公開された「北野天神縁起絵巻」の複製の一部

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算