編集部からのお知らせ
オススメ記事選集PDF:MAツールのいま
「これからの企業IT」の記事はこちら

グーグル、ホスティング型セキュリティサービスでMSを追撃

文:Elinor Mills(CNET News.com) 翻訳校正:吉武稔夫、高森郁哉

2008-05-12 12:24

 Googleは米国時間5月8日、2007年に買収したPostiniの技術を基にした「Web Security for Enterprise」を発表した。ホスティング型の同サービスは、ウェブと電子メールを利用する企業のユーザーを、ウイルス、スパイウェア、悪意のあるウェブサイトから守り、必要ならばリモート環境で働く従業員まで保護できる。

 これもGoogleのホスティング型アプリケーション事業の一環ではあるが、少なくとも現時点においては、対象となるのは企業顧客であって、無料のホスティング型サービスを求め、そして実際に利用している消費者ではない。

 従来はデスクトップアプリケーションだった電子メールやワープロ、カレンダーなどをウェブクラウド上に移すことで、Googleは、ハードウェアの購入、ソフトウェアのインストール、保守要員の雇用といった管理上の負担から企業を解放しようとしている。

 これにより、企業はコストを大幅に軽減し、中核事業に注力することが可能となる。Googleは、セキュリティの強化により、ホスティング型サービスが企業に広く採用されるのを妨げている大きな障壁を取り除いた。

 オンデマンドセキュリティサービスを企業に提供しているQualysの最高経営責任者、Philippe Courtot氏は、5月9日の取材で次のように語っている。「現行の企業環境にセキュリティを施すのは有効ではない。Microsoftはこの問題をとっくの昔に解決しておくべきだった」

 同氏は、検索、ホスティング型アプリケーション、そして広告に支えられた「金を生む仕組みを武器にして、GoogleはMicrosoftの息の根を止めるだろう」と予言した。

 Ernst & Youngのシニアマネージャーでアプリケーションセキュリティサービスの責任者を務めるNitesh Dhanjani氏は、GoogleのサービスはITに関して頭を悩ませることなく手軽に利用できるため、企業にとって魅力的だと述べた。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法

  2. クラウドコンピューティング

    AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド

  3. セキュリティ

    Zero Trust Workbook--ゼロ トラストの先にある世界を知るためのガイダンス

  4. セキュリティ

    「ゼロトラスト」時代のネットワークセキュリティの思わぬ落とし穴に注意せよ

  5. クラウドコンピューティング

    データ駆動型の組織でビジネスの俊敏性を実現するには?戦略的な意思決定とイノベーションを両立へ

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]