編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

フォトレポート:時代を振り返る--ビンテージPCコレクション(1970年代) - 19/28

文:TechRepublic Staff
翻訳校正:ラテックス・インターナショナル、編集部

2008-05-21 07:00

 ディスコ全盛期の1970年代、パーソナルコンピュータは電子工作マニアのガレージや地下室から出て、オフィス、教室、一般家庭に入り込んだ。このフォトレポートではSteven Stengel氏のビンテージコンピュータのコレクションから1970年代のマシンを何機種か紹介する。Stengel氏は自身が撮った写真や説明文を掲載することに快く同意してくれた。各マシンの詳細な説明やその他多数の写真については、Stengel氏のコレクションサイト(oldcomputers.net)で見ることができる。 IMSAI 8080  IMS Associates, Inc(カリフォルニア州サンリアンドロ)によって製造された「IMSAI 8080」はコンシューマー向けの最初期のコンピュータである。
Ohio Scientific Challenger 4P

 「Challenger 4P」はOSI 502(CPU)カードと540(ビデオ)カードで構成されている。「Challenger 4PMF」(MFは「mini-floppy」の略)にはOSI 505(CPU)カード、527(メモリ)カード、540(ビデオ)カード、A13(ディスク接続)カードが搭載されている。いずれのマシンにもOSI 542(キーボード)とA15(I/Oパネル)が付属している。

Ohio Scientific Challenger 4P

 「Challenger 4P」はOSI 502(CPU)カードと540(ビデオ)カードで構成されている。「Challenger 4PMF」(MFは「mini-floppy」の略)にはOSI 505(CPU)カード、527(メモリ)カード、540(ビデオ)カード、A13(ディスク接続)カードが搭載されている。いずれのマシンにもOSI 542(キーボード)とA15(I/Oパネル)が付属している。

提供:Steven Stengel

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]