「Safariもファイルダウンロード時にユーザー許可を」--専門家が要望

文:Elinor Mills(CNET News.com) 翻訳校正:編集部

2008-05-16 13:43

 「Internet Explorer」や「Firefox」と違って、ブラウザ「Safari」はファイルをダウンロードする際、ユーザーの許可を求めない。そのため、Safariのユーザーは、悪質なソフトウェアの被害に合う恐れがあると、セキュリティ研究者が米国時間5月15日、警告を発した。

 Safari Carpet Bombというタイトルのブログ投稿の中で、Nitesh Dhanjani氏は、悪質なウェブサイトからWindowsのデスクトップやMacのダウンロードディレクトリにリソースをダウンロードすることがいかに容易かを説明している。

 また、同氏は「Appleはこれが今回対処すべき問題であるとは認識しなかった」と述べている。

 Appleの関係者からはDhanjani氏に対し、「何かをダウンロードする際はユーザーに許可を求める」という「機能強化の要望」は、Safariチームに報告するとの連絡があったという。Appleの関係者がDhanjani氏に送った電子メールには「これはセキュリティ上の問題とは認識していないことを注意されたい。これは、さらなる対策を施し、不要なダウンロードに対するバリアを高めるための措置である」と書かれていた。

 Dhanjani氏は取材に応じ、SafariはHTMLファイルのようなローカルのリソースが、クライアントサイドスクリプティングなどを実行しようとしたときなどに警告を出さないため、ユーザーを危険にさらしていると述べた。「今日のユーザーは、ブラウザにより多くのことを求めるようになっている」(Dhanjani氏)

 Apple関係者は、Appleが「ローカルのHTMLファイル向けの『セーフ』モードようなものを検討している」とDhanjani氏に伝えていた。

 その一方で、AppleはDhanjani氏が発見した高リスクのセキュリティ脆弱性を修正することを計画している。この脆弱性は、遠隔地から、ユーザーのファイルシステムにあるファイルを盗難される恐れがあるというもの。

 Appleの広報担当に電子メールと電話で問い合わせたが、コメントは得られなかった。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]