編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

日本テラデータ、データウェアハウスサーバのラインアップにハイエンドとエントリーの2機種を追加

CNET Japan Staff

2008-05-16 14:24

 日本テラデータは5月14日、データウェアハウス向け超並列処理サーバファミリーに、ハイエンド向けのエンタープライズデータウェアハウスサーバ「Teradata 5550H」、およびデータウェアハウス入門用のアプライアンスサーバ「Teradata 2500」の2機種を新たに追加した。同日より発売を開始している。

 ハイエンド向けのTeradata 5550Hは、現行機種に比べ、性能が約50%向上した最上位機種。シングルおよびデュアルシステム構成により優れた可用性を実現する。大量のクエリやアプリケーションが同時に実行されるワークロード環境において、それぞれのサービスレベルを最適化することが可能だ。また、Teradata 5500からのアップグレードや既存の他サーバとの共存など、これまでの投資を生かしつつ、システムの拡張が可能という。そのほか、プロセッサやキャビネットデザインなどの改良により、5年前のTeradataサーバーと比較して電力効率が3倍向上し、設置面積も約75%削減されるなどグリーンITへの対応も考慮されている。価格は、1ノード構成、14.6Tバイトストレージ、Teradataデータベース、基本ユーティリティのライセンス、システム管理ワークステーションを含む構成で、約2億5000万円(税別)より。

 エントリー向けのTeradata 2500は、Teradataデータベースと各種ユーティリティを組み込んだ、オールインワンのパッケージハードウェアで、納入後すぐに利用できるシンプルな構成だ。エントリー向けに特化したことで、システムの可用性、同時実行ユーザー数、ワークロード管理、リアルタイム処理などの機能を抑える一方、全件検索や非定型検索などが高速で処理できるよう設計されている。価格は、2ノード構成、19.2Tバイトストレージ、Teradataデータベース、基本ユーティリティのライセンス、システム管理ワークステーションを含む構成で、約1億円(税別)より。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]