マイクロソフト、米ヤフーに「代替の選択肢」を提案

文:Dawn Kawamoto(CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2008年05月19日 08時27分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは米国時間5月18日午後、Yahooに対し、新たな提案を行った。提案の中で、Microsoftは、Yahooとの取り引きを望むものの、Yahooの資産すべては取得しないとしている。

 提案が行われる数日前には、物言う株主のCarl Icahn氏がYahooに対し委任状争奪戦を開始した。Icahn氏の狙いは、7月3日のYahoo株主総会で改選される取締会役員の入れ替えだ。

 Icahn氏はまたYahooに対して、1株あたり33ドルまで買収提示額を引き上げたものの、気のない対応を受けて5月3日に買収案を撤回したMicrosoftと、交渉を再開するように圧力をかけるつもりだ。

 Microsoftは、Yahooの買収提案から撤退した後は「(気持ちを切り替えて)次に進んでいる」と繰り返し述べてきた。だが、今もライバルのGoogleにどう対応すべきかで苦戦している。またYahooは、Microsoftからの買収提案を失敗に終らせたとして株主からの怒りを買っている。そのYahooは、関係者がNews.comに語ったところによれば、交渉の玉を握っているのは買収提案から撤退したMicrosoftだと考えているという。

 Microsoftの声明には「MicrosoftはYahooに対し、Yahooすべての買収ではなく、Yahooとの取り引きという代替の選択肢を提案する」と書かれている。

 また、声明には「Microsoftは今回、Yahooのすべてを取得することを提案しているわけではない。だが、将来の進展や、YahooとMicrosoftの株主やサードパーティとの交渉次第で、こうした選択肢を検討する権利を留保する」とも書かれている。

 Microsoftの広報担当は声明に書かれた以上の詳細については、コメントを控えている。Yahooの広報担当も、現時点ではコメントできないとしている。

 Yahooは今週にも、Googleの検索広告を利用するための提携を発表する予定だった。

 この提携の話を重視するMicrosoftは、敵対的な行為に出ずにYahooの買収を断念することを発表した際にも、この話に言及している。Microsoftはこのなかで、YahooがGoogleと提携しないようけん制していた。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
企業決算を追う
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化