「Firefox 3」の正式リリース、6月中を予定

文:Stephen Shankland(CNET News.com) 翻訳校正:湯木進悟 2008年05月22日 07時04分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 オープンソースウェブブラウザ「Firefox」のメジャーアップデートを心待ちにしている愛好家は、おそらく6月中に「Firefox 3」最終版の入手を期待できそうだ。

 Mozillaのエンジニアリング担当バイスプレジデントMike Schroepfer氏は、米国時間5月21日に行われたインタビューで、「6月中には最終版を出荷できるように最善を尽くしている」と語った。10年以上前にAOLからのスピンオフで誕生したMozillaは、Firefoxの開発プログラミングプロジェクトを監督している。

 Firefoxの強みの1つに、何百もの幅広いアドオンのコレクションが挙げられるものの、各プログラマーが手がけるプロジェクトを、Firefox 3との互換性を持たせるべく更新することが関係してくるため、アップデートには多くの時間がかかることにもなる。それゆえにMozillaは、数日前にリリースされたばかりのFirefox 3のリリース候補第1版(Release Candidate 1:RC1)をインストールした150万人のユーザーからの、フィードバックを受け取るのを、真剣に見守っているところでもある。

 Schroepfer氏は「現在われわれは、アドオンの更新が行われるのを待っている段階にいる。フィードバックを集めるために、しばらくはリリース候補版の発表を続けたい」と述べている。

 さらなるリリース候補版が発表される可能性もあることを、Schroepfer氏は明らかにしている。「Firefox 2」では、3度にわたってリリース候補版の発表が行われた。Schroepfer氏は「以前よりも順調に進んできてはいるものの、急ぐ必要はない」と語った。

 リリース候補版は、Windows、Mac OS X、Linux向けダウンロードが用意されている。リリース候補版の試用を検討しているならば、まず最初にリリースノートに目を通し、とりわけトラブルを引き起こしかねない既知の問題について把握しておくようにお勧めする。

 Mozillaの立ち上げには何年もかかったものの、Firefoxは、その最大のライバルとなるMicrosoftのInternet Explorer(IE)から、かなりの市場シェアを奪ってきた。まだIEが市場を支配していることに変わりないのだが、Firefoxは、次のような分野で、ブラウザ戦争に再び火をつける役割も果たすこととなった。今ではMicrosoftは、IEの開発へ、より多くのリソースを注ぎ込むようになっている。Appleは、Windows対応のSafariを投入してきた。さらに、AppleとGoogleは、オープンソースの「Webkit」ブラウザエンジンプロジェクトに注力するようになった。

 インターネットが、よりリッチでインタラクティブなウェブ2.0のページへと移行し始めるにつれて、ブラウザの重要度も増してきた。それが理由で、パフォーマンスも懸案事項となってきた。例えばブラウザ上では、オフィスアプリケーションの「Google Docs」や、オンライン写真編集ツールの「Picnik」など、多大のパワーを要求するサイトの利用時に、膨大なJavaScriptコードが実行される必要がある。

 Mozilla Foundationは、長年に及ぶ成長を遂げてきた。現在では、ウェブブラウザを取り扱うMozilla Corporation、メールクライアントの「Thunderbird」を取り扱うMozilla Messagingという、2つの子会社が設立されるに至っている。

 Schroepfer氏は、市場シェア統計と、アップデートのためにMozillaサーバをチェックするFirefoxブラウザの実数に基づいて、現在のFirefoxユーザー数は、約1億7500万人に上ると見積もっていることを明らかにした。

 Firefoxは、2月にはダウンロード件数が5億の大台を突破し、現在のダウンロード総数は、5億5600万回以上に達している。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。 海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

連載

CIO
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
企業決算を追う
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化