編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

フォトレポート:火星探査機Phoenixからの着陸地点画像

文:ZDNet.com Staff 翻訳校正:編集部

2008-05-26 16:20

 米航空宇宙局(NASA)の火星探査機Phoenixは、火星の北極圏に無事着陸し、地上の画像を地球へと送信した。着陸地点は、水分が豊富な永久凍土層で覆われていると考えられている。Phoenixは、ロボットアームで土壌を採取し、生物の化学成分が存在するかをテストする。  Phoenixは、米太平洋夏時間5月25日4時53分に着陸し、ソーラパネルをひろげ、最初の画像を約2時間後に送信した。この疑似カラー画像は、Phoenix着陸地点周辺の画像となる。その他は、Phoenixから送られてきた未加工画像となる。
 米航空宇宙局(NASA)の火星探査機Phoenixは、火星の北極圏に無事着陸し、地上の画像を地球へと送信した。着陸地点は、水分が豊富な永久凍土層で覆われていると考えられている。Phoenixは、ロボットアームで土壌を採取し、生物の化学成分が存在するかをテストする。

 Phoenixは、米太平洋夏時間5月25日4時53分に着陸し、ソーラパネルをひろげ、最初の画像を約2時間後に送信した。この疑似カラー画像は、Phoenix着陸地点周辺の画像となる。その他は、Phoenixから送られてきた未加工画像となる。

 米航空宇宙局(NASA)の火星探査機Phoenixは、火星の北極圏に無事着陸し、地上の画像を地球へと送信した。着陸地点は、水分が豊富な永久凍土層で覆われていると考えられている。Phoenixは、ロボットアームで土壌を採取し、生物の化学成分が存在するかをテストする。

 Phoenixは、米太平洋夏時間5月25日4時53分に着陸し、ソーラパネルをひろげ、最初の画像を約2時間後に送信した。この疑似カラー画像は、Phoenix着陸地点周辺の画像となる。その他は、Phoenixから送られてきた未加工画像となる。

提供:NASA/JPL-Calech/University of Arizona

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]