中小企業がとるべきウイルス攻撃対策のおさらい

文:Ronnie Ng 翻訳校正:石橋啓一郎 2008年05月28日 08時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 単純な1つのウイルスが、企業にとっては大変高くつく場合がある。一旦ウイルスにセキュリティの防御を突き破られてしまえば、ウイルスはネットワークを引き裂き、ファイルを破壊し、データを破損させ、アプリケーションを使い物にならなくし、生産性を一時的に低下させてしまう。

 ウイルスがどのように動作するかを理解し、ウイルスの拡散を防ぐ方法を見極めておくことは、あらゆる組織が持つべき不可欠な知識であり、これには中小企業も含まれる。

ウイルスとは何か

 ウイルスは、ユーザーの許可を得ずに、ユーザーの知らないところでコンピュータの機能を変えるために書かれたコンピュータプログラムだ。

 ウイルスとして分類されるためには、次の2つの条件を満たさなくてはならない。

  • 自分自身を実行しなくてはならない。その際、他のプログラムを実行パスに自分のコードを置く動作をする場合も多い。
  • 自分自身を複製しなくてはならない。例えば、ウイルスは他の実行ファイルをウイルスに感染したファイルで置き換えるかも知れない。メタモーフィック型ウイルスの場合には、元のウイルスがその複製を修正する場合もあれば、その複製が自分自身を修正する場合もある。

 ウイルスはデスクトップコンピュータにも、ネットワークサーバーにも同じように感染する。

 一部のウイルスはプログラムを破壊したり、ファイルを削除したり、ハードディスクを再フォーマットするなど、コンピュータに障害を引き起こすように設計されている。ウイルスの中には、害は与えずに単に自分自身を増殖させていき、感染していることをテキスト、動画、音声などのメッセージで知らせるようプログラムされているものもある。

 そのような良性のウイルスでも、中小企業にとっては問題になる可能性がある。例えば、正規のプログラムが使うべきコンピュータのメモリを消費してしまうということもある。結果的に、良性のものもエラーを引き起こし、システムクラッシュなどを引き起こす場合がある。

 それに加え、多くのウイルスはバグを利用する。それらのバグはデータの損失につながる場合も多く、システム障害が起きる場合もある。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
ハードから読み解くITトレンド放談
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
Gartner Symposium
企業決算
ソフトウェア開発パラダイムの進化
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化