編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ

電機大手11社の2007年度決算を読む--富士通・三菱 - (page 2)

大河原克行

2008-05-29 08:00

営業利益で過去最高を達成した三菱電機

 三菱電機は売上高が前年比5.0%増の4兆498億円、営業利益は過去最高となる前年比14.7%増の2672億円、税引前当期純利益は22.7%増の2266億円、当期純利益は28.4%増の1579億円となった。

 同社では経営目標として、営業利益率5%以上、ROE10%以上、借入金比率15%以下を目指しているが、2007年度決算では営業利益率6.6%、ROE15.1%と目標を達成。借入金比率は15.8%と目標には達しなかったものの、前年度に比べて改善している。

 セグメント別では、情報通信システムの売上高が6%減の6443億円、営業利益は184億円減少の23億円。携帯電話が受注、売上高ともに減少したのが影響したが、一方でシステムインテグレーション事業などが伸張したという。

 家庭電器の売上高は前年比8%増の1兆2億円、営業利益は308億円増加の674億円。海外の空調機器および太陽光発電システム、国内電気温水器などが増加した。重電システムも売上高は前年比11%増の1兆579億円と伸張した。

 また、同社は携帯電話事業の終息に伴う事業構造再編費用として204億円を計上。当初予定の約170億円から拡大している。

 2008年度の連結業績は、売上高が前年並となる4兆500億円、営業利益は0.3%増の2680億円、税引前利益は5.9%増の2400億円、当期純利益は前年並の1580億円との見通しを示している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]