シマンテックは世界の脅威をどのように把握しているのか

渡邉利和 2008年05月30日 13時42分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 シマンテックは5月29日、グローバルインテリジェンスネットワーク セキュリティレスポンス ディレクターのディーン・ターナー氏による説明会を開催した。グローバルインテリジェンスネットワークの活動状況や、そこで得られた現在のインターネットに見られる脅威の状況などについて語っている。

 なお、ターナー氏は同社が年二回発行しているインターネットセキュリティ脅威レポート(ISTR:Internet Security Threat Report)のエグゼクティブエディターでもあり、5名のスタッフと共にISTRの執筆を行なっているという。ISTRでは、グローバルインテリジェンスネットワークによって得られた脅威の状況を示すデータを公表するほか、説明や分析を加えて無償で公開されている。同氏によれば、ISTRの執筆には毎号3.5カ月を費やしているという。

 同社が運営するグローバルインテリジェンスネットワーク(Global Intelligence Network)は、「セキュリティ分析情報データの集合体」であり、攻撃の分析情報、マルウェアの分析情報、脆弱性の分析情報、なりすましの分析情報の、主に4種類のセキュリティ分析データからなる。

 データの収集は世界中に分散配置されたセンサー群によって行なわれる。センサーには、インターネット上に設置された、サーバ仮想化技術を利用して構築されたハニーポッドからの情報や、同社のセキュリティソフトウェア製品からの情報、アナリストや研究者からの報告など、多彩な情報源が含まれる。同氏は「特定の情報に関して情報収集を行なっている企業/組織はあるが、4種類の分析情報全てをカバーしている点がシマンテックの強みであり、複合的な脅威に関しても適切な分析ができる」としている。

シマンテックのグローバルインテリジェンスネットワークの模式図 シマンテックのグローバルインテリジェンスネットワークの模式図

 最近では「アンダーグラウンド・コミュニティ」の活動状況に関する調査にもリソースを割いているという。この取り組みは「Project Dark Vision」と呼ばれている。同氏は「通常のセンサーによる情報収集では、『何がいつどこで起きているか』は分かるが、『誰がそれに関与しているか』は分からない」という。そこで、「誰が」に関して分析を深める取り組みがDark Visionであり、アンダーグランド・エコノミー・サーバでの取引対象となっているクレジットカード情報、ID情報、オンライン決済サービスのアカウント、銀行口座情報、ボットやなりすましツールといったソフトウェアの取引状況を調査し、さらにこれらの価格相場などの調査なども行なっているという。

 ただし、同氏はFBIなどで名指しされているような著名なサイバー犯罪者を直接見つけ出すような活動を行なうつもりはないとも語っている。これらの活動の意義について同氏は端的に「脅威の状況を理解していないと、適切な保護製品を作ることはできない」と説明し、グローバルインテリジェンスネットワークで得られた情報が同社の新製品/サービスの開発やさまざまな情報提供活動のために活用されていることを明らかにした。

 また同氏は最近の脅威の状況についても説明を行ない、初期の好奇心に基づくウイルス作成などとは異なり、現在の脅威は犯罪者による金銭目的の犯罪行為に移行していると説明。また、これは高度な技術力を持ったクラッカーが犯罪者になったというよりも、犯罪者がサイバー犯罪に必要な技術力を身につけたと考えられるという。アンダーグラウンドでのさまざまなツールキットの売買などがその背景にある。

シマンテックがまとめた脅威の進化。2000年代前半以降、大規模なネットワークワームの感染が発生していないことが伺える。 シマンテックがまとめた脅威の進化。2000年代前半以降、大規模なネットワークワームの感染が発生していないことが伺える。

 犯罪者にとってのインターネットの魅力は、「匿名性が高く捕まりにくいし、実行が簡単」という点にあると同氏は指摘する。この結果、たとえばインターネットからダウンロードできるコードなどでは、有益なものよりもむしろ有害なものの方が多くなっているような状況だという。こうした状況を踏まえるなら、従来の有害なものを検出してブロックするというブラックリスト的なアプローチだけではなく、大丈夫だと確認できているものだけを通過させるホワイトリストのアプローチも重要になってくると同氏は語り、今後シマンテック製品でホワイトリスト機能が実装される可能性も示唆している。

シマンテック グローバルインテリジェンスネットワーク セキュリティレスポンス ディレクター ディーン・ターナー氏 シマンテック グローバルインテリジェンスネットワーク セキュリティレスポンス ディレクター ディーン・ターナー氏
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
ハードから読み解くITトレンド放談
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
Gartner Symposium
企業決算
ソフトウェア開発パラダイムの進化
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化