意見の不一致を効果的に処理する10の方法 - (page 2)

文:Calvin Sun 翻訳校正:石橋啓一郎 2008年06月03日 08時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
  1. 自分の意見と自分自身を切り離す
  2.  Gerald Weinberg氏は、同氏の古典的な著作である「The Psychology of Computer Programming」で、「エゴのないプログラミング」という概念を説明している。この概念では、プログラムの作成者自身を含むプログラマーのチームが、そのプログラムをレビューしてエラーがないかどうか確認する。プログラマーがコードに対して防衛的でないほど、このレビューのプロセスはより生産的なものになる。つまり、プログラマーが自分をプログラムから切り離して考え、エラーを個人攻撃だと思わなければ、このプロセスはうまくいくということだ。

     これは、俳優が自分が演じている役についてインタビューされる時は、一般に自分の役柄について第三者として話をするのと同じことだ。例えばMel Gibson氏は、自分が演じた「パトリオット」のBenjamin Martinについて話す際には、(以下ネタばれ注意)おそらく「Gabrielの死は私にとって大きなショックだった」ではなく、「Gabrielの死はBenjaminにとって大きなショックだった」と言うだろう。同様に、「私は過去から逃避しようとしている男だ」ではなく、「Benjamin Martinは過去から逃避しようとしている男だ」という言い方をするだろう。

     不一致に対するこのような見方を身につけるようにすべきだ。もし自分の意見に個人的に熱を入れすぎると、その意見を客観的に扱うのが難しくなる。客観性を失うと、不必要に意見の不一致を長引かせてしまうことがある。自分の意見を「自分の」意見ではなく、単なる1つの意見だと考えるようにするといい。同じように、もしあなたが他人の意見に懸念を示そうとしている時にこの問題が生じていれば、異論があるのは意見に対してであって、相手自身に対してではないことをはっきりさせるとよいだろう。

  3. プロ意識を保つ
  4.  「不快にさせずに反対する」や「ハエを捕まえるには酢より蜂蜜」などという表現を聞いたことがあるだろう。なぜハエなどを捕まえようとするのかは分からないが、それはまた別の話だ。とにかく、相手を尊重することは(たとえ自分と意見が合わない相手でも)、相手からも尊重される道であり、あなたの意見にも信頼性を与える。

  5. 話を聞く
  6.  乱暴な同意の3日間の遅れに関する例は、Bが注意して聞いていれば避けることができたはずだ。可能であれば、相手が話し終えるまできちんと話を聞くことだ。例えば相手が長話になってしまっていたりして、割り込まなくてはいけないような場合は、まず相手の話していたことを要約することから始めるといい。人は、予想と違う物言いをすることがある。もしうまく聞いて理解することができなければ、誤解に基づいて、相手の本当の意見とは食い違った形で返事をしてしまうかも知れない。

  7. 「ストローマン」を避ける
  8.  これは前項からの続きだ。誰も持っていない意見に対して反対するのは簡単だ。相手が実際には持っていない意見を攻撃することを、ストローマン(straw man argument)と呼ぶ。なぜなら、わら人形のように倒しやすいからだ。

     相手の意見を注意して聞くのに失敗すると、相手の本当の意見ではなく、別の意見に反応して時間を無駄にしてしまう場合がある。誤ってストローマンをやってしまうのもよくないことだが、意図的にやるのは倫理的に問題がある。同様に、他の人が自分の意見を本当に理解していることを確認する必要がある。

  9. 意見の不一致を認める
  10.  時にはどれだけ議論をしても、ある論点で合意できないことがある。その一点の意見の不一致で、それ以上の議論が不可能になることもある。しかし、話題を変えることができることもあるだろう。その場合、争点について「意見の不一致を認め」て、他の話題に移るのがいいだろう。後からその論点を振り返って、解決できるかも知れない。1つの論点にこだわらず、議論を前に進めるよう努力すべきだ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SpecialPR

連載

CIO
教育IT“本格始動”
月刊 Windows 10移行の心・技・体
ITアナリストが知る日本企業の「ITの盲点」
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
セキュリティインシデント対応の現場
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft Inspire
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]