編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

アドビ、オンラインサービスAcrobat.com公開--ファイル共有可能でAcrobat 9とも連携

文:Elsa Wenzel(CNET News.com) 翻訳校正:編集部

2008-06-02 16:03

UPDATE Adobeは米国時間6月2日、オンラインサービスを公開した。このサービスでは、ワードプロセッサやファイル保存および共有機能を持ち、新しくFlash再生が可能となった「Acrobat 9」との連携が図られている。

 今回のAcrobatにおけるオンラインに関する取り組みは、無償かつほぼどこでも利用されている「Acrobat Reader」と恐らく最も強く関連しているブランドとしては、大胆な動きと言える。Acrobat ReaderはPDF表示ソフトウェアとして、映像の再生が可能となる。

 今回の発表は、ドキュメント作成ソフトウェア「Acrobat 9」のリリース前に行われた。Acrobat 9は、アニメーション、ダイナミックな地図、256ビット暗号、改良されたフォームなど機能を追加している。

 ベータ版Acrobat.comは無償で、ワードプロセッサ「Buzzword」を備えている。ウェブ会議およびデスクトップ共有ツール「ConnectNow」はテキスト、映像、音声によるチャットを可能にする。これらホステッドサービスは、ファイルの保存および共有を可能とし、最大5つのドキュメントをPDF化できる。

 Buzzwordとその付属ツールは、Google Docsなどの先行するオンラインワードプロセッサで欠けている対話性を提供する。

公開されたベータ版Acrobat.com
提供:Adobe Systems

 Acrobat.comにファイルを保存しておけば、仮想ミーティング機能により他のユーザーと同一のドキュメント画面をリアルタイムで共有できる。また、同サービスは、Acrobatソフトウェアで作成されたフォームからのデータをホスティングできる。

 ドキュメント作成ソフトウェアAcrobat 9は、インタラクティブでセキュアなドキュメント作成とAcrobat.comとの連携に関して、多くのサポートを含んでいる。

 Acrobatを使うことで、MOVファイルやWMVファイルをFlashコンテンツに変換できるので、PDF内にオーディオコンテンツや3Dモデルなどとともに埋め込むことができる。無料のAcrobat Reader 9は映像の再生が可能なので、他のメディアプレーヤーを開くこと必要がなくなる。

新しいAcrobat.comは、制作物の保存、ドキュメントの編集、他のユーザーとのコラボレーションを可能とする。
提供:Adobe Systems

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]