フォトレポート:WWDC会場画像--次期「iPhone」のヒントを探る

文:Jennifer Guevin(CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2008年06月09日 11時58分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 ■□■□【編集部からのお知らせ(記載の誤りについて)】■□■□CNET News.comの原文に沿った以下の翻訳記事を掲載しましたが、News.comおよび日本の読者の皆様によるご指摘のとおり、記載に誤りがあることが判明しました。1枚目の画像で言及している球形の紫のアイコンはCore Animation、2枚目の画像で言及しているのは、Pages、3枚目の画像で言及している目のマークはQuick Lookのアイコンであり、新製品のものではございませんでした。関係者、読者のみなさまにご迷惑をおかけしたことを深くお詫び申し上げます。 ---(以下が掲載した記事です。上記の通り、一部に誤りが含まれております。 ---  Apple主催の大規模なイベントの前には、Steve Jobs氏がポケットから何を出すのかについてさまざまな憶測が飛び交う(結局、単なる茶封筒の場合もあるが)。  Appleの開発者向けイベントWorldwide Developers Conference(WWDC)が迫る中、われわれの勇敢な写真家James Martinが、会場であるMoscone West内を歩き回り、警備員に追い払われる前に、館内に掛っている垂れ幕の写真撮影に何とか成功した。  それらの写真には、数多くのアイコンが写っている。これは、同イベントでAppleが少なくともApp Storeの立ち上げについて発表すると予想されていることと合致する。App Storeは、Appleが運営するオンラインストアで、そこではサードパーティがAppleの許可を得て開発したiPhone向けアプリケーションの購入やダウンロードが可能だ。  写真に写っているアイコンの中には、おなじみのものもあれば、新しいものもある。その新しいアイコンを見て、各アイコンがどのような新機能を示すものかお分かりだろうか。アイコンを見て、発売間近のiPhoneについての予想のヒントにして欲しい。

 この写真では、興味深い2つのアイコンが写っている:十字型の緑のアイコンと球形の紫のアイコンだ。緑の十字アイコンは、明らかにiPhoneの新しいフラックスキャパシタだ。もしくは、単に、iPhoneにある加速度計を利用した新しいゲームのアイコンと思われる。
 ■□■□【編集部からのお知らせ(記載の誤りについて)】■□■□CNET News.comの原文に沿った以下の翻訳記事を掲載しましたが、News.comおよび日本の読者の皆様によるご指摘のとおり、記載に誤りがあることが判明しました。1枚目の画像で言及している球形の紫のアイコンはCore Animation、2枚目の画像で言及しているのは、Pages、3枚目の画像で言及している目のマークはQuick Lookのアイコンであり、新製品のものではございませんでした。関係者、読者のみなさまにご迷惑をおかけしたことを深くお詫び申し上げます。

---(以下が掲載した記事です。上記の通り、一部に誤りが含まれております。 ---

 Apple主催の大規模なイベントの前には、Steve Jobs氏がポケットから何を出すのかについてさまざまな憶測が飛び交う(結局、単なる茶封筒の場合もあるが)。

 Appleの開発者向けイベントWorldwide Developers Conference(WWDC)が迫る中、われわれの勇敢な写真家James Martinが、会場であるMoscone West内を歩き回り、警備員に追い払われる前に、館内に掛っている垂れ幕の写真撮影に何とか成功した。

 それらの写真には、数多くのアイコンが写っている。これは、同イベントでAppleが少なくともApp Storeの立ち上げについて発表すると予想されていることと合致する。App Storeは、Appleが運営するオンラインストアで、そこではサードパーティがAppleの許可を得て開発したiPhone向けアプリケーションの購入やダウンロードが可能だ。

 写真に写っているアイコンの中には、おなじみのものもあれば、新しいものもある。その新しいアイコンを見て、各アイコンがどのような新機能を示すものかお分かりだろうか。アイコンを見て、発売間近のiPhoneについての予想のヒントにして欲しい。

 この写真では、興味深い2つのアイコンが写っている:十字型の緑のアイコンと球形の紫のアイコンだ。緑の十字アイコンは、明らかにiPhoneの新しいフラックスキャパシタだ。もしくは、単に、iPhoneにある加速度計を利用した新しいゲームのアイコンと思われる。

 ■□■□【編集部からのお知らせ(記載の誤りについて)】■□■□CNET News.comの原文に沿った以下の翻訳記事を掲載しましたが、News.comおよび日本の読者の皆様によるご指摘のとおり、記載に誤りがあることが判明しました。1枚目の画像で言及している球形の紫のアイコンはCore Animation、2枚目の画像で言及しているのは、Pages、3枚目の画像で言及している目のマークはQuick Lookのアイコンであり、新製品のものではございませんでした。関係者、読者のみなさまにご迷惑をおかけしたことを深くお詫び申し上げます。

---(以下が掲載した記事です。上記の通り、一部に誤りが含まれております。 ---

 Apple主催の大規模なイベントの前には、Steve Jobs氏がポケットから何を出すのかについてさまざまな憶測が飛び交う(結局、単なる茶封筒の場合もあるが)。

 Appleの開発者向けイベントWorldwide Developers Conference(WWDC)が迫る中、われわれの勇敢な写真家James Martinが、会場であるMoscone West内を歩き回り、警備員に追い払われる前に、館内に掛っている垂れ幕の写真撮影に何とか成功した。

 それらの写真には、数多くのアイコンが写っている。これは、同イベントでAppleが少なくともApp Storeの立ち上げについて発表すると予想されていることと合致する。App Storeは、Appleが運営するオンラインストアで、そこではサードパーティがAppleの許可を得て開発したiPhone向けアプリケーションの購入やダウンロードが可能だ。

 写真に写っているアイコンの中には、おなじみのものもあれば、新しいものもある。その新しいアイコンを見て、各アイコンがどのような新機能を示すものかお分かりだろうか。アイコンを見て、発売間近のiPhoneについての予想のヒントにして欲しい。



 この写真では、興味深い2つのアイコンが写っている:十字型の緑のアイコンと球形の紫のアイコンだ。緑の十字アイコンは、明らかにiPhoneの新しいフラックスキャパシタだ。もしくは、単に、iPhoneにある加速度計を利用した新しいゲームのアイコンと思われる。

提供:James Martin/CNET News.com

Scroll Right Scroll Left
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
ハードから読み解くITトレンド放談
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
Gartner Symposium
企業決算
ソフトウェア開発パラダイムの進化
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化