NvidiaとAMD、USB 3.0仕様をめぐりインテルに対抗

文:Brooke Crothers(CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2008年06月09日 19時03分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 AMDとNvidiaが、Intelから極めて重要なPC仕様の支配権を奪おうとしている。AMDらは、両社がより高速な周辺機器の新時代へ移行しようとするのをIntelが阻止しようとしていると主張している。

 問題となっているのは、2009年に登場予定の次世代高速接続標準であるUSB 3.0だ。このUSB 3.0が重要なのは、将来開発されるすべてのPCや端末に同標準をベースにしたコネクタが使用されるからだけでなく、通信速度がおよそ5.0Gbpsと高速なためだ。この通信速度は、過去数年間に発売された事実上すべてのPCに使用されているUSB 2.0の10倍に当たる。

 Intelのウェブサイトに掲載されているUSBの概説によると、Intelは「USB対応の周辺機器の導入をサポートし、加速するために」1995年にMicrosoftら同業他社とともにUSB Implementers Forumを設立したという。

 この問題に詳しいAMDに近い情報筋によると、「問題は、Intelが(中略)CPUやチップセットで同社と競合する企業にUSB 3.0仕様を渡そうとしないことだ」という。

 その結果、AMDNvidiaVia Technologiesなどの企業は、USB 3.0仕様を独自に開発せざるを得なくなる恐れがある。AMDに近い情報筋は、「われわれは、USB 3.0向けの新しいオープンなホストコントローラ標準を策定するために、(Intelの仕様と並んで発表されることになる)第2の仕様を開発せざるをえなくなる」と語る。

 さらにその情報筋は、「われわれは直ちにその仕様の開発に着手する」と付け加えた。また、Nvidiaに近い情報筋によると、Intel版に代わる「オープンな」仕様の開発を目指すメンバーの初会合が今週開催される予定だという。「われわれは、この仕様を製品化するつもりだ」(同情報筋)

 NvidiaとAMDから、この件に関する公式コメントはない。

 一方、Intelは、計画を全速力で進めるとしている。

 Intelは声明で次のように述べている。「前世代のUSBと同じように、USB 3.0を広く普及させるために、Intelは業界に完全な仕様をなるべく遅滞なく提供できるよう懸命に努力している」

 USB 3.0仕様は、USB 3.0 Promoters Groupで練り上げられている。同グループには、Intelのほか、MicrosoftやHewlett-Packard、Texas Instruments、NEC、NXP Semiconductorsがメンバーとなっている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
企業決算を追う
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化