Office 14は2009年にリリースか:新たな裏付け情報

文:Mary Jo Foley(Special to ZDNet.com) 翻訳校正:菊地千枝子 2008年06月10日 09時24分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftはまだ「Office 14」のパブリックテストビルドをリリースしていないが、2009年のリリースに向けて前進しており、これは「Office 2009」と名付けられることになりそうだ。

 Microsoftはその計画をプレスリリースでは発表していない。実際に同社はOfficeファミリーの次期バージョンが出荷される期日の提示をかたくなに拒んでいる。しかし、これまでに得たいくつかのリーク情報から、目標とされる日程は2009年であることが示されている。

 Office 14の予定出荷日に関する最新の情報は、CodePlexサイトでのMicrosoftのPodcast for SharePoint(PKS)に関するQ&Aから得られたものである。そのQ&Aからは以下の通りだ(筆者がこれを投稿した後まもなくMicrosoftはこのQ&Aを編集すると予想している。そして2009年に関する言及を取り除くだろう):

Q:PKSのどの機能が「SharePoint 2009」の一部として含まれるか?

A:SharePoint 2009の機能一式はまだ公表されていない。動画ストレージ層が改善されることはわかっている。

Q:タギングは将来的にSharePointの機能となる――この将来の機能はここで開発されたカスタム版とどのようにして互換性をもつのか?

A:現時点ではそれに対する回答は不明だが、SharePoint 2009の最初のパブリックリリースが提供されるときにはもっとわかってくるだろう。

 Office 14のプライベートビルドがMicrosoft社外の顧客やパートナーの間で出回っているという話を最近聞いた。Officeチームは伝統的に、コードを懐に隠しておき、機能一式が確定するまではパブリックベータをリリースしない。

 この日程を裏付ける最新情報により、MicrosoftがWindows 7とOffice 14を2009年後期に相前後してローンチしようとするだろうかと考えさせられた。筆者はこの2製品が次のラウンドでは別々にローンチされるかもしれないと聞いていた。しかしもし両製品とも結局は2009年に出荷する準備ができたとすれば、何とも言えない。

 MicrosoftはOffice 14とWindows 7を一緒に出荷すべきだと思うか?これらの製品のリリースのタイミングは読者の配備計画に影響を与えるか?

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
デジタル“失敗学”
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]